夏旅行記'09 クロアチア編

  • 2009/08/20(木) 21:45:09

『夏旅行記'09』の2回目です。
この旅で私が一番楽しみにしていたクロアチア編
今回も写真てんこ盛りでお届けしたいと思います。
※写真の一部が見られない場合は【F5】キーを押してみてくださいね



クロアチアはスロヴェニア同様 1990年代になってユーゴスラヴィアから独立した国。
人口約450万人の小国ながら観光資源に恵まれ
アドリア海沿岸の島々と自然の美しさが多くの人々を惹き付ける人気のリゾート地です。

こちらがクロアチアの地図。

今回はザグレブプリトヴィッツェ湖群国立公園スプリットドブロヴニクを訪ねました。


ザグレブ Zagreb


スロヴェニアのリュブリャーナから車を走らせること1時間半。
クロアチアの首都ザグレブに到着しました。

まずは無事到着を祝して生ビールで乾杯!

Made in クロアチアのOzujsko オジュイスコ
あっさり味で飲みやすい!暑かったので水のように飲んでしまいました。

こちらはクロアチアの郷土料理。

いわゆるハンバーグのプレスカヴィッツァ(右)と
肉と野菜をトマト&パプリカで煮込んだムツカリツァ(左)。

伝統的なアールヌーボー様式のパラス・ホテル(Palace Hotel Zagreb)に宿泊しました。


目の前には緑豊かなストロスマエル広場

ビーグルズのお散歩にもってこいの公園でした。

ここからはザグレブの旧市街をご紹介♪

街のシンボル 聖母被昇天大聖堂

高さ100m以上の尖塔は市街のいたるところから見ることができます。

美しく輝く聖母マリアの塔


聖堂内は神聖な雰囲気が漂います。


屋根に描かれた紋章が印象的な聖マルコ教会


こちらは“ザグレブの胃袋”と呼ばれているドラツ青果市場

朝から15時ごろまで地元の人々や観光客で大賑わい。

新鮮な野菜や果物、ハンドメイドの民芸品、魚市場、花市場などが軒を連ねます。



老舗の郷土料理レストランVinodol(ヴィノドル)へ行きました。


中にハムとチーズが挟んであるザグレブ名物のカツレツと

お店自慢の炭火料理ラムのペカ(左)とエビのガーリックオイル煮(右)。

ここでもやっぱり

Ozujsko!

ザグレブは重厚な歴史建築が点在する落ち着いた雰囲気の街でした。
緑豊かな公園がたくさんあるところも気に入りました。


プリトヴィッツェ湖群国立公園 Plitvice
ユネスコ世界遺産

ザグレブから南へ約110?の所に位置する国立公園。
大小16の湖と92ヵ所の滝をもつ国内屈指の景勝地です。


あちらこちらで滝が流れていてマイナスイオンたっぷり!


広〜い公園内をバスやボートを利用しながらハイキングします。


どこを見ても美しい景色!


透明度抜群のエメラルドグリーンに輝く湖

湖底には石灰華が付着した植物が沈んでいます。

ビーグルズも気持ちよさそうに歩いていましたよ。


あまりに広すぎてすべてを見て回れませんでしたが
空気のおいしさ、大自然の美しさに大満足しました。


スプリット Split
 世界遺産

ローマ皇帝ディオクレティアヌスの宮殿がそのまま旧市街になったという
珍しい起源をもつ街で、世界遺産にも登録されています。

ディオクレティアヌス宮殿
の入口


グルグール・ニンスキの像


クロアチアの英雄の1人で、像の左足の親指に触れると幸運が訪れると云われています。

見応えのある街でした。じっくり見られなかったのが残念!無念!!


ドブロヴニク Dubrovnik


“アドリア海の真珠”と称えられる街。
オレンジ色で統一された屋根が並ぶ旧市街は、高く重厚な城壁に囲まれ
どこから見ても絵になります。


宿泊したホテルのすぐそばがビーチでした。


アドリア海の水。すっごく透明で綺麗です!



城壁に囲まれた旧市街を歩いてみました。

目抜き通りのプラツァ通り


通りの両側にはショップやカフェが並び、狭い路地が網の目のように延びています。


旧市街の観光スポット

オノフリオの大噴水  大聖堂
ドミニコ会修道院  スポンザ宮殿  聖ヴラホ教会


ドブロヴニクで最も古い歴史を誇る旧港

かつては この港で世界各地からの交易船が行き交っていました。

旧市街を一望することができる標高412mのスルジ山へ。

荒野のような山道を車で登っていきます。
1991年のクロアチア独立戦争の際には戦場となった場所です。

途中、山羊の集団に出会いました。

右の写真の山羊さんが長老のようです。立派な角!

山頂にはナポレオンが贈ったという白い十字架が。

現在のものは戦争後に建て直されたものだそうです。

こちらがスルジ山の山頂から眺めたドブロヴニクの街。

右手にはオレンジの屋根が連なる旧市街、
左手にはロクルム島が見えます。

ビーグルズも御満悦!?



この日の気温は、なんと42℃!


一日中カンカン照りで暑かったけれど、そのおかでげ綺麗な夕日が見られました♪


夕日を眺めながら… またビール!


ドブロヴニクの夜景も最高でした!!



今回の旅のハイライトだったドブロヴニク。
噂どおり、見どころ盛りだくさんで素晴らしい街でした。
何といってもアドリア海の美しさに感激!
魚介類が美味しかったのもポイント高しです。
またいつか来たい街。今度はゆっくり滞在したいなぁ〜


<おまけ>


クロアチアでは可愛らしい野良猫をたくさん見かけました。

美しい景色を見ながら、の〜んびり暮らしているんでしょうね。羨ましい。

「夏旅行記'09 クロアチア編」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
夏旅行'08 〜プラハ編?〜 (2008/08/04)
ブダペスト旅行記 (2010/12/27)
夏旅2010 イギリス&アイルランド (2010/08/16)

夏旅行記'09 オーストリア&スロヴェニア編

  • 2009/08/19(水) 17:05:37

楽しみにしていた夏旅行が終わってしまい、すっかり気が抜けてしまった私です。
長旅の疲れがどっと出てグッタリ しております。

さらに、なぜか右目が充血して赤くなっています。原因は不明。
鏡に写る自分の顔が吸血鬼みたいに見えます。

<注>イメージ画像です


冗談はさておき…
夏旅行の思い出が色褪せないうちに ちゃっちゃと旅行記を書いてしまわねば!
ということで今回から4回に分けて夏旅行をレポートしたいと思います。

初回は『オーストリア&スロヴェニア編』です。

まずはオーストリアから。
インスブルック
に続く2度目のオーストリア共和国。
今回はモーツアルト生誕の地 ザルツブルク
山と湖に囲まれた避暑地 ザルツカンマーグートを訪れました。




ザルツブルク Salzburg


天才音楽家モーツアルトを生んだ音楽の都。
毎年夏に開催される“ザルツブルク音楽祭”は世界最大規模の音楽祭で
約40日間の開催期間中に演劇、オペラ、コンサートなど約150ものプログラムが
連日催され、毎年20万人ものクラシックファンを沸かせます。

こんな案内板もありました。

日本人観光客もたくさん訪れるのでしょうね。
残念ながら私たちは何も見てきませんでしたけど…

さて、ザルツブルクの街並みをご紹介♪

街の中心にはザルツァッハ川が流れています。


「北のローマ」と呼ばれる歴史ある街並み。


タマネギ型の塔が可愛いザンクト・ペーター教会


歴代司教の居城として使われていたレジデンツ


1200年の歴史を刻む大聖堂


丘にそびえ立つ中世の城塞 ホーエンザルツブルク城


お城をバックにビーグルズも記念撮影



ザルツブルクはモーツアルトが生まれ、青年期を過ごした街。
市内には彼の生家や住居なども残されています。
こんなモーツアルト一色のお店もあちこちに…



観光が終わった後はザルツブルクの郷土料理を食べに行きました。
お店はシューティグルブロイ(Stieglbrau)。


緑あふれるオープンテラスで食事ができます。


生ビールで乾杯!

大きい方(500ml)が私のです

こちらは お店の名物料理

豚肉のロースト

そして、ザルツブルクの3つの山を表したフワフワ&ボリューム満点のスフレ菓子
ザルツブルガー・ノッケール
も注文しました。
でも、お店の人が勝手に皿に取り分けてくれちゃったので
その巨大な姿を撮影できず…

こんな写真しか撮れませんでした。「ありがた迷惑」とはこのことだぁ

いちおう本物は こんな感じです。


表面はこんがり、中は真っ白。ベリーソースをからめて食べます。
卵7個分の卵白が使われているそうです。すげぇ〜
味は… とにかく甘い。すぐに飽きちゃいます。
でも、ザルツブルクでしか食べられないお菓子なので… 食べるべし!


ザルツカンマーグート Salzkammergut
 

ザルツブルグ郊外の湖水地帯。
映画『サウンド・オブ・ミュージック』の舞台にもなった美しい自然が広がる避暑地です。

ウォルフガング湖



ザンクト・ウォルグガング



ハルシュタット湖&ハルシュタット
 ユネスコ世界遺産




壮大な山々と美しい湖、可愛らしい建物
本当に素晴らしい景色でした。空気もおいしかった。

キャンプカーで来ている観光客もいました。
羨ましい!こんな大自然の中でキャンプができたらいいですね。いつか…



さて、ウイーンから南東に車を走らせて次に向かったのはスロヴェニア
首都のリュブリャーナに立ち寄りました。



リュブリャーナ Liubjana


かつては「ユーゴスラヴィアのスイス」とも形容されたリュブリャーナは
ユリアンアルプスの麓の盆地に こじんまりと佇む小さな街です。

街を流れるリュブリャニツャ川


オレンジ色の屋根があちこちに


リュブリャーナの象徴である龍の橋


迫力ある龍の銅像。街の守護神として愛されています。


青いドームのニコラス大聖堂


右手奥に見えるのはピンク色の建物が印象的なフランシスコ会教会

手前は有名建築家プレチニクが設計した三本橋

どこが「三本」なのかといいますと…

確かに三本の橋であります。
元々は「一本橋」でしたが新市街と旧市街を結ぶ主要な橋で
1日中人が行き交うため、後から左右に2本の橋が付け足されたそうです。

リュブリャーナは落ち着いた雰囲気の小さな街で
建物も可愛らしく、緑も多いので街歩きするのがとても楽しかったです。
ただ、盆地なのですごく暑かった〜 日差しも強くてムンムンしてました。


以上、『夏旅行'09 オーストリア&スロヴェニア編』でした。
次回は『クロアチア編』です。お楽しみに♪

「夏旅行記'09 オーストリア&スロヴェニア編」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
またまたアントワープ (2010/12/17)
アイスランド旅行記 〜観光編?〜 (2009/01/14)
パリ&モン・サン・ミッシェル旅行記? (2008/11/20)

ただいまっ!

  • 2009/08/17(月) 18:00:31

ただいまっ!
バケーションから無事に帰ってきました♪

いやぁ楽しかった
海あり 山あり 遺跡あり の盛りだくさんな車旅でした。




今回の旅程は…

オーストリア 〜 クロアチア 〜 イタリア〜 フランス 〜 ドイツの5ヵ国を巡る
超!弾丸トラベル


途中でスロベニア、バチカン市国、サンマリノ共和国、モナコ公国にも立ち寄りました。




総走行距離は約5,100km
今回もダンナくんが1人で運転してくれました。
もちろん私も横でちゃんとサポートしてましたけど


ということで、旅行記は順次アップしていきます。お楽しみに♪

「ただいまっ!」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
身に余る幸せ♪ (2012/11/23)
ポーランドへ (2011/06/07)
旅、ラストスパート! (2012/09/06)