「もったいない」スパイラル

  • 2009/06/24(水) 23:20:10

マイブーム絶頂期のお菓子作り。

先日のガトーショコラ&紅茶のパウンドケーキに続き
続々と新たなお菓子に挑戦しています。


?バナナマフィン




?レアーチーズケーキ




?バナナのパウンドケーキ


失敗作。外が焼けすぎちゃいました。
レシピ通りに作ったから味はいいんだけど…


最近はケーキ三昧の我が家です。
でもダンナくんと私だけでは消費しきれないので
試食部隊(友人たち)の皆さんにお配りしています。
「おいしい!」と言って食べてくれるので嬉しくって
また作りたくなっちゃうんですよね。


いやぁ〜 お菓子作りって楽しいな


でもね…
調子にのって次から次へと作っていますが
実は、単純に「楽しい!」からだけではないのです。

材料をいろいろと買い込んでしまい…
一度に全部使い切れないから残ってしまい…
「腐らせたらもったいないから、何か作らなきゃ!」みたいな
「もったいない」スパイラル
に陥っています。

今も、バター、卵、クリームチーズ、生クリーム、レモン、バナナ、ブルーベリーたちが
冷蔵庫で出番待ち状態。扉を開くたび、無言のプレッシャーをかけてきます。


はてさて、このスパイラルは いつまで続くのでしょうか!?
次は何を作りましょうかねぇ?

「「もったいない」スパイラル」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
手作りピザ&メロンパン (2009/12/23)
手作り便り vol.14 (2010/03/11)
カリカリ&もっちもち (2009/03/12)

チェンバロ・コンサート

  • 2009/06/23(火) 20:41:28

お友達に誘われてチェンバロのコンサートへ行ってきました。
演奏者は天野乃里子さん。オランダを中心に活躍中のチェンバリストです。

チェンバロとは…
鍵盤をもつ撥弦楽器の一種でピアノの前身と云われています。

バロック音楽において幅広く用いられ
16世紀から18世紀にかけて西洋で重用されました。

外見はグランドピアノに似ていますが、音の出し方は全く異なります。




鍵を押すと、鍵の向こう端に垂直に立つジャック(木製の打弦槌)が飛び上がり
その側面に突き出た爪が下から弦を引っかきます。


また、1つの鍵について数種の音質の異なる弦が対応していて
ペダルまたは音栓の操作によって、音域や音色を変えることができるそうです。

パイプオルガンのように重厚で荘厳な音色は本当に素晴らしいものでした。

会場はアムステルダムSpui広場近くにあるBegijnhof(英国国教会)。
宗教改革時に隠れ教会であったカトリックの教会で
敷地内には美しい庭園と聖職者たちが暮らす家々が建ち並んでいます。

「このBegijnhofはチェンバロが本当に気持ちよく一体化して響く教会で
教会全体が1つの楽器のようになります」と演奏者の天野さんは語ります。


おっしゃるとおり、教会の石の空間にチェンバロの木と弦のハーモニーが
とても心地よく響いていました。

中世ヨーロッパの宮廷にタイムスリップしたような…
そんな優雅な気分に浸ることができるコンサートでした。

「チェンバロ・コンサート」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
SNOW & ICE (2012/02/06)
デ・ハール城のクリスマス・フェア (2011/11/25)
クリスマスのアムステルダム (2010/12/22)

ブーム再到来!?

  • 2009/06/19(金) 13:21:25

ちょっと前に ちょっとだけマイブームになったお菓子作り。
すっかり御無沙汰で… ここ最近は何も作っておりません。
いやぁ、短いブームだったなぁ

でも、それに気づいた友人たちに
「お菓子作りは?最近やってないよね?そろそろ何か作りなよー」とあおられ励まされ
久しぶりに作ってみることにしました。

なんだか突然やる気が湧いてきて
久々だというのに… 無謀にもケーキ作りに挑戦!
しかも2種類も作っちゃいました。

ガトーショコラ



紅茶のパウンドケーキ




本を見ながら作ったら
我ながら なかなかの出来栄え♪


ということで、試食をかねて1人お茶会開催♪

なかなか美味しいぞ


お菓子作りのマイブーム、再到来の予感。

これから いろいろ作っちゃおうかな♪
シュークリーム → ロールケーキ → マカロン… 夢は広がります。
少しずつレベルを上げながら頑張りたいと思います!
今度のブームは長続きしそう (たぶん、する。いや、してほしい!)


<おまけ>

先日、ダンナくんとダム・ブラ(アムステルダム散策)をした時
久々に大好きなDe Bakkerswinkelのケーキを食べました。



ストロベリーチーズケーキ&キャロットケーキ


チーズケーキは甘さ控えめでペロリと食べられます。
キャロットケーキは何度食べても やっぱり美味しい!
昔、母が作ってくれた味に似ているんです。
個人的に、ここのキャロットケーキは世界で2番目に美味しいと思ってます。
(もちろん1番目は母のキャロットケーキ♪)

どちらのケーキも、2人できっちり半分こにして食べました。

あれ?ダンナくん。昔は甘い物が苦手じゃなかったっけ?
気がつけば、私と互角に渡り合えるぐらいの甘党になってるじゃん

「ブーム再到来!?」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
手作り便り vol.21 (2010/11/15)
キャロットケーキはママの味 (2009/09/04)
週刊☆☆手作り便り (2009/07/17)