最後は お巴里

  • 2012/09/26(水) 18:00:00


最近は不安定なお天気が続いているオランダですが
朝焼けはとっても綺麗です。


雨雲のおかげで、美しいグラデーションができてます。





日本帰国前の最後の旅行はパリへ。
1泊2日の弾丸ツアー。 ビーグルズも連れて車で行きました。

毎度おなじみ、凱旋門前での記念撮影。
キミたちは もうパリへ来ることなんてないだろうね〜


お昼ごろに到着したので、まずはガレット(そば粉のクレープ)で腹ごしらえ。

行列もできるクレープ・スタンド Creperie du Comptoir にて。
正直、期待していたほどの味ではありませんでした。

たぶん… 生地をつくるところを見てしまったからかも。
大きなバケツに 水道水をダーッと入れて、粉をバーッと入れて、卵をポンポン入れて
ガガガっと掻き混ぜただけっだたのです。 
(粉は秘伝の配合なのかも… と、いちおうフォロー)


ガレットを持って、とりあえず近くのリュクサンブール公園へ移動。

宮殿&庭園のある広い公園です。

あちこちに彫刻があり、お花も綺麗な憩いの場。

景色を楽しみながら、のんびりランチしました。


あら、美尻な彫刻さん(尻フェチなもんで)


ちょっとだけ紅葉していて、いい雰囲気。

初めて来たけど、素敵な所でした。


実は、パリはそれほど思い入れのある場所というわけでもなく
最後の旅先に選んだのは、諸事情があってのこと。

ひとつは、不要な本やCDをBOOK-OFFで売るため。
今回もたくさんあったので、80ユーロぐらいになりました♪


そして、もうひとつの目的は…

ルーブル美術館に行っておきたかったから。なんとなく。
何度もパリへ来てるけど、私はまだ一度も行ったことがなかったのです。

ダンナくんは一度来たことがあり、特に興味もないと言うので
1人でメトロに乗って行ってきましたよ。

これがルーブル美術館かぁ。

ひ、広い。

芸術にさして関心がない私は、途中で へこたれそうになりましたが…

なんとか、モナリザ まで辿りつくことができました。

そして、その後もガイドブックに載っている主要作品を見て回りました。

これはサモトラケのニケ。

こちらはハムラビ法典。


名画もいろいろ見て…


オランダ出身の画家、フェルメールと


レンブラントもおさえて…


すっかり満腹。

もう! 広すぎるよー!!

ミロのヴィーナスも見たかったけど… 遠いわ、迷うわ、で断念。


途中からは、犬の絵ばかりに目が行ってしまう始末でした。


「この2頭、なんだかビーグルズに似ているわ」

「ほらほら、そっくりー!」とか思いながら。


って、これでも2時間半ぐらいは頑張ったんですよー!


最後はピラミッドを中から見て

ルーブルさんに別れを告げました。

はぁ、疲れた。 翌日以降、スネが筋肉痛です。


さてさて、グルメのお話。

お友達が紹介してくれた、安くて美味しいと評判のオーベルジュ
L'Auberge Etchegorry でディナーをいただきました。

フレンチバスクの名物料理が食べられるお店。


テーブルには素敵なバスク・リネン♪

前菜は

鴨のスモークが載ったサラダとフォアグラ入りテリーヌ

メインは

墨イカ&タラのすり身入りパプリカと鴨のコンフィ

デザートは

バスク産チーズ&ベリージャムと自家製ヌガーアイス&チョコレート

どれも美味しゅうございました。
30ユーロ前後で食べられる、ボリュームたっぷりのディナーコース。
かなりオススメです。


2日目のランチは
「帰国前だし、日本食はやめよう!」 と思っていたのに・・・

やっぱり行ってしまいました、国虎屋。

国虎うどんの誘惑に勝てなかった・・・
からすみ大根とカツとじも食べました。


そんなこんなの お巴里旅行。

連日の送別会でお疲れのところ、片道5時間の運転を頑張ってくれたダンナくんには
感謝、感謝でございます。


「最後は お巴里」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
バルセロナ旅行記 〜フラメンコ&グルメ (2009/06/12)
夏旅行記'09 オーストリア&スロヴェニア編 (2009/08/19)
夏旅行記'09 フランス&ドイツ編 (2009/08/23)

やっぱり大好き♪ アントワープ&ブリュッセル

  • 2012/09/17(月) 15:30:00


お気に入りの街で思い出作り 第2弾!

というわけで、帰る前にもう一度行っておきたい街
ベルギーのアントワープとブリュッセルへ。


まずは、オランダ駐在中 最もよく訪れた都市
アントワープ。

アントワープといえば、このCafe!


このドライカレー!

世界で一番好きな Cafe Quinten Matsijs のドライカレーです。

数えてみたら、8回も食べに行ってました。
日本に帰ったら絶対に恋しくなる味です。

「これで食べ納めかぁ。寂しいな〜」と思いながら
ゆっくり味わって食べました。
やっぱり美味しい〜 


そして、ここ最近ハマっているのが
同カフェのFILTER COFFEE(フィルターコーヒー)

これ、ベルギーでは わりとメジャーなコーヒーメーカーだそうです。

上のフィルター部分にコーヒーとお湯を入れて、ドリップされるの待ちます。

コーヒー豆が美味しいのか? このドリップ方法が良いのか?
とにかく、ここのコーヒーはすっごく美味しいんです。

普段は食後にコーヒーを注文しないダンナくんも
これは飲みたがる、というくらい。

このコーヒーフィルター、アンティークものだそうです。
欲しくて探したけど見つけられませんでした。
日本にもあるかしら? 


最後にCafeのマダム(日本人)に、お別れの御挨拶をすると
「何度も通っていただき、ありがとうございました。
ブログで紹介していただいたおかげで、オランダからのお客様も増えたんですよ。」
と、嬉しいお言葉をいただきました。
(当ブログをご覧になってカフェへ行ってくださった皆様、ありがとうございました!)


そして、店を後にした私たちをわざわざ追いかけてきてくれて
プレゼントまでくださったのです。

マダムのお気に入りのブルージュにあるショコラティエのチョコレート。

B by B.


見た目も上品だし、チョコレートも美味しいし、味も色々あって楽しい♪
セサミやジンジャーなど、ちょっと変わったフレーバーもあります。

とってもオシャレなプレゼント。ますますマダムのファンになってしまいました。
本当にありがとうございました。


余談ですが…

マダムに別れを告げて、ふと横を見たらアンティークショップがあり
そのウィンドーに飾ってあった絵に、夫婦で一目惚れ。

ワンコの横顔の絵。
なんとも凛々しいお顔。カッコイイー!

1969年に描かれた絵のようです。


普段はアンティーク品にはまったく興味がないのですが、
この絵には何か惹かれるものがありました。

ショップのオーナーに値段を聞いたら、ちょっと高めだったので
「もう少し考えて出直します」と言ったら
15ユーロも値引きしてくれたので購入決定!

さっそく飾っていますが、見れば見るほど惚れ惚れします。

この絵に出会えたのも、カフェのマダムが呼び止めてくれたから?!
アントワープの素敵な思い出の品になりました。


アントワープを後にして、次に向かったのはブリュッセル。

昨年に続き、今年もベルギービールの祭典へ。

大好きなベルギービールをたくさん飲みました♪


ワロン地方の老舗ビール CHIMAY

セントバーナードのラベルが気に入った
Brasserie Caulier の Bon Secours Blonde


アルコール度数は8%とちょっと高め。


そして、大本命のDELIRIUMなど


キャラクターのピンクのゾウさんも大好きで
またまたグッズを買い込んでしまいました。



ベルギービール、ほんとにどれも美味しくて大好きです!
日本に帰ったら、(高くて)なかなか飲めないだろうなぁ
と思うと、かなり寂しい。。。


昨年同様、大きなビアグラスを片手に民族衣装(?)で練り歩く
謎の御一行様もいました。


この日、小便小僧さんも同じ衣装に身を包んでいましたよ。

ジュリアンくん、キミにベストドレッサー賞をあげる。


夜は、私たちと同じくブリュッセルに遊びに来ていたお友達夫妻と合流。
寿司の名店 山優三辰 へ行きました♪

ずっと行ってみたかったお店。
地元でも人気だそうで、店内はインターナショナルな客層でした。

お目当てはこれ!

海鮮丼 35ユーロ也。 

寿司桶からネタがハミ出そうなボリューム。
味も量も大満足!でした。 (夫婦で半分こしました。)


何度行っても、120%楽しめる街
アントワープ&ブリュッセル。

やっぱり大好き!です。
いつかまた絶対に訪れたいと思います。



<おまけ>


またまた、これを観てしまいました。
Expendables 2



キャストの豪華っぷりは前作以上!

ジャン=クロード・ヴァン・ダムにチャック・ノリスまで加わっちゃった。

これでもか! というぐらいに往年のアクション・スターが大集合!

次回作があるとすれば…
スティーブン・セガール、ウェスリー・スナイプス
ヴィン・ディーゼルあたりに声が掛かるのかしら?

内容はあまりありませんが…
随所に散りばめられた小ネタが面白かったです。

「やっぱり大好き♪ アントワープ&ブリュッセル」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
パリ&モン・サン・ミッシェル旅行記? (2008/11/19)
パリ&モン・サン・ミッシェル旅行記? (2008/11/20)
パリ&モン・サン・ミッシェル旅行記? (2008/11/18)

デュッセとマースで思い出作り♪

  • 2012/09/14(金) 07:00:00


日本帰国が決まってから
お気に入りの街へ あちこち出かけて
積極的に思い出作りをしています。

日本へ帰ったら、なかなか行けなくなっちゃうもんね


まずはドイツのデュッセルドルフ。

ある時は美味しいラーメンやお寿司、日本食材を求めて、
またある時はクリスマス・マーケットを目当てに、
そしてまたある時は、居酒屋で酔いつぶれたり。
何度も通ったドイツのお気に入りの街です。

嬉しいことに、仲良しのお友達夫妻が予定を合わせてくれて
思い出作りに協力してくれました

一緒に街をブラブラしたり
ビアホールで地ビールを飲んだり。

Schumacher
にて。

ここのアルトビール、大好き!

おいしかったー!


ドイツビールを引っかけた後は
hotel nikko
の日本食レストラン 弁慶 にて絶品の日本料理に舌鼓♪

どれも最高のお味でした♪

終始、笑いの絶えない宴で
お酒の勢いか(?)こんな写真も撮っちゃった

写真上は お友達ご夫妻。 綺麗なハート型。さっすがラブラブ
写真下は ダンナくんと私。 歪んだハート。ダンナくん、ヘタクソすぎ。
すんません、やり慣れてないもんで… 


翌日のランチもご一緒していただきました。

ラーメン&餃子。 なにわ にて。

お友達夫妻も私たちも、いつもは 派なのですが
「たまには なにわ に行ってみる? 美味しくなったって噂だし」
ってことで行ってみました。

たしかに、昔 食べた時よりは美味しくなってた。気がしました。


そんなこんなで、とーーーっても充実した二日間でした。
デュッセルドルフは最後まで楽しい思い出でいっぱい。
お友達夫妻に感謝です。 


で、そのお友達夫妻に、またまたお世話になってしまいました

数日後、お二人が暮らすマーストリヒトに
泊まりで遊びに行ったのです(今回は私一人で)。


マーストリヒトは3度目。
こじんまりとしているけど、お洒落で素敵な街。大好きなんです。

行きの電車はダイヤが乱れ、普通なら2時間半で着くところを
4時間半もかかってしまったのですが
お友達の笑顔と美しい青空に迎えられ、疲れも吹っ飛びました。


特に観光もせず、街をブラブラとウィンドウ・ショッピングしたり
お友達のお宅で ま〜ったりとお喋りしたり
美味しいシーフードレストランへ連れて行ってもらったり。

それから、以前も案内してもらった元教会の本屋さんでは
カフェでランチを食べました。

この本屋さん、雰囲気がとっても素敵なんです。
それに、フードもコーヒーも美味しかった♪


そうそう、公園で の〜んびりしながら
動物ウォッチングもしました。

あぁ、癒される〜 たまには、こんな時間もいいよね。


これまでは知らなかったマーストリヒトにも触れられて
こちらも充実した二日間でした。

またまた、お友達夫妻に感謝、感謝です。


一足先に帰国してしまいますが
お二人が日本に戻られたら、たっくさん恩返ししたいと思います。

「デュッセとマースで思い出作り♪」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
アルクマールのチーズ市 (2010/07/05)
涙のバケーション!? (2008/07/24)
イースター&昨夏の旅行記 (2012/04/05)