夏旅行'08 〜ルクセンブルク編〜

  • 2008/08/06(水) 03:32:08

今日も引き続き 夏旅行'08のレポートです。
皆さん、お付き合いありがとうございま〜す。

さて、プラハに別れを告げ、向かうはルクセンブルク!


Day4: Prague - Luxembourg  752km



移動の1日でした。
午前10時ごろにプラハを出て
ルクセンブルクに到着したのは午後7時ごろ。

この日、実はまた交通警察に止められてしまったんです。
高速でプラハの国境を越えてドイツに入国した直後
いきなり覆面パトカーが私たちの車の前に割り込んできて
脇道に誘導しました。

私服(Tシャツにジーパン)のドイツ人警察官が2人出てきて
説明も何もなしに「パスポートを出しなさい!」って。

とりあえず2人分を渡したら警官Aはパトカーに戻り何やら調べ始めました。
警官Bはダンナくんに「リアハッチを開けなさい」と。
ハッチが開いた瞬間、ビーグルズが吠え出して、ビビる警官B。

何もチェックせずに「し、閉めていいよ」だって。
犬がかなり苦手みたいでした。ビーグルズに救われたかも!?
いや、何も隠し持ってませんけどねー。

そして20分ほど その場で待たされた後
警官Aが「もう行っていいよ」とパスポートを返してきて
ABとも車にさっさと乗り込み行ってしまいました。

その場に残された私たち…

 ちょっと!何だったのよー!?説明しないさいよぉー!

今回の2人組は本物の警察官だったようですが
これがカージャックやテロリストだったら怖いなーと思いました。
脇道で何をされても、助けも来ないしねー
「カネを出せ!」とか言われたらホイホイ出しちゃいますよ、きっと。

ま、何もなかったのでヨシとしましょう。


そんなこんなでルクセンブルクに到着。
例のごとく、喉カラカラ&お腹ペコペコだったので
ホテルにチェックイン後、カフェやレストランが立ち並ぶパリ広場へGO!

まずはお約束のビール!
1
ルクセンブルク産ディーキルシュ。

エスカルゴ
2
すごい油&ガーリック!
でもパンにつけると美味しい!

ルクセンブルク風サラダ
3
どこがどう“ルクセンブルク風”なのだろうか!?

ディナーを食べた後はホテルに戻って、すぐに寝てしまいました。


そして翌日。。。
午前中はルクセンブルクを散策。

♪今日もいい天気〜♪
4
空が澄んでいて、とってもキレイなブルーでした。

まずはホテルのある新市街を散策。緑がいっぱいで癒されます。
5


ルクセンブルクは渓谷に囲まれた“堅牢な要塞都市”と呼ばれる都市ですが
これも要塞の名残りかな!?
6


旧市街のノートルダム大聖堂からは美しい鐘の音が聞こえてきました。
7



新市街と旧市街を結ぶアドルフ橋です。
8


シングルアーチの美しい橋。9
高さ43m、長さ84mです。


旧市街には観光客を魅了するランドマークの数々がありました。

憲法広場にそびえ立つ女神像。
10
高さ40m。

こちらは大公が執務する館 大公宮。
11


門には大公家のエンブレムが。
12


崖の上に築かれた要塞、ボック。
13


1621年に創設されたノートルダム大聖堂。
14


堂内のステンドグラスの美しさにうっとり。
15


美しい鐘の音をお聞きください。 音量に注意










横向きですんません


ルクセンブルクは自然が多くて空気もきれいな所でした。
見どころもたくさんあり期待以上に楽しめました。

カフェも多くて、店員さんも明るく気さくな人ばかり。
大自然を眺めながらカフェでまったりがキモチよかったです。

もう少し時間をかけて ゆっくり街を巡ってみたかったなぁ。
ノートルダム大聖堂の鐘の音、本当に素敵でした。

以上、ルクセンブルクのリポートでした。
この後、ルクセンブルク郊外の街ヴィアンデンへ向かいました。

いよいよ次回は最終回で〜す。

「夏旅行'08 〜ルクセンブルク編〜」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
そうだ、パリ行こう! (2010/12/08)
ブダペスト旅行記 (2010/12/27)
ノルウェー旅行記と新ブログ (2010/05/20)

この記事に対するコメント

えぇーーーーーっ、なんかその警官怪しくない?!
パスポート偽造されてない?大丈夫?
説明なしってのが怖いよねぇ。。。

エスカルゴ食べてみたいニャァ(=^・^=)
しっかしぃ凄いオイルの量だけど、パンにつけたら美味しいだろうネ(^u^)

鐘の音聞いたョ〜♬
生で聞くともっとヨーロッパな感じがするかもなぁ。。。
旦那様の声が・・・?! 

きゃあきゃあ

ディーキルシュ!それとムーセルがあったでしょう? ルクセンブルグ風サラダって、ポムフリット(ポテトフライ)が入っているからかしらん…わたしは食べたことないけど、子供の頃ってあまり外食しなかったからなあ。Salade Luxembourgeoiseで調べるとpomme de terre(じゃがいも)とlardon(細切れベーコン)が必須っぽいですね。

もう、どの写真もなつかしくてたまりませぬ。ノートルダムでは父の部下の方が結婚式をしたし、ボックは小学生が遠足で行くところだったし、大公宮には夏休みに祖父母と行ったし(一般公開日があるんです)、緑の中に映えるポンタドルフもああなつかし。(あれ、でもアドルフ橋ってGrundじゃなくてGare(駅地区)とVille(ノートルダムのあたり)をつなぐ橋じゃない?)

ほんと、派手なものは何もないけどいいところでしょう?良かったらぜひまたいらしてください。ビーグルスくんたちを連れて歩けるウォーキングコースも、国中にいっぱいありますよ。うちでもコッカースパニエルのデイジーを連れて毎週のように歩きに行っていました。わたしもいつか時間ができたら「ここで育ったのよ」と連れ合いを案内しに行きたいと思っています。Vianden編も楽しみにしてます。

  • 投稿者: Nest
  • URL
  • 2008/08/06(水) 16:42:31
  • [編集]

☆kiraraさま

パスポートを預けて待っている間、ほんとにドキドキしたよ。
このまま逃げちゃったらどうしよーーーって。
でも何事もなくてよかった。

エスカルゴ、美味しかったよ。
見た目にギョッとしたけどね。

ダンナくんの声、そうなのよ!
録画してるのに喋っちゃうんだもん!(笑)

☆Nestさま

勘違いしてましたー!アドルフ橋は“旧市街と中央駅を結ぶ交通の要所”ですよね。
それからグルンドも!ぜんぜん違う写真でした。あぁ恥ずかしい。
さっそく訂正しておきます。

ルクセンブルク風サラダ!おぉ、確かに塩味のきいたベーコンがアクセントになっていました。シンプルだけど美味しかったです。

ルクセンブルク、本当にいい所ですね。気に入りました!
緑が多くて景色も素晴らしい!建造物も素敵!
こんな所で幼少期を過ごされたなんて羨ましいです。
デイジーちゃんとのお散歩も、さぞ楽しかったことでしょうね!

オランダからも近いし、絶対にまた行きたいと思います。
今度はもっとゆっくり滞在してみたいなぁ。

警官は困るよね…

前にアメリカ旅行をしたときに、やっぱり警官に止められて、
パスポートと国際免許と日本の免許証を渡すように言われました。
それは本当に本物の警官だったんだけど、もし、ニセ警官だったらと思うと怖いです。
とはいっても、「あなた本物? 証拠見せてよ!」って言ったところで、
バッヂやID見ても判別できないしね。(・・;

それはさておき、ルクセンブルクの旧市街は本当にきれいですよね♪

ルクセンブルグ! オランダに3年も住みながらなぜか1度も行かなかった私たち…。今さらながら後悔しちゃうのでした。それにしても警察! 違う国なら賄賂ねらいかぁ〜って思うけどねぇ。まあ、なんやかんや難癖つけて点数を稼ごうと思ったのかもしれませんね。ご無事で何より! がんばれビーグルズ♪

☆kuminekoさま

外国人(アジア人)は目立つから、とりあえず止められちゃうのかしら?
私たちの時も、ちゃんとIDを見せてはくれたけど
ニセ警官の場合もあるもんねー。ほんとに怖いよね。

ルクセンブルク、ほんとに素敵だったよー。
自然の美しさに癒された。空気も澄んでいて気持ちよかったぁ〜。
チャンスがあったら訪れてみて!

☆プーさま

近場ってどうしても後回しになりがちですよね?
我が家も車移動じゃなければ、寄らなかった気もします。
「ルクセンブルク行ったよ!」という駐在員もあまりいないみたいだし。
でも、本当に良いところです。絶対にまた行きたいなぁ♪

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する