血と汗と涙

  • 2012/06/18(月) 22:10:00


UEFA EURO 2012
は、オランダは予選敗退してしまいました

“死のB組”と云われた強豪揃いのグループでしたが
まさか!? 1勝もできずに最下位で終わってしまうとは…

にわかファン&サッカー素人の私の目にも
オランダチームは攻めも守りもイマイチに映りました。

2年前の“ワールドカップ準優勝”の栄光が無残にも砕け散り
「オランダチーム、どうしちゃったの??」と
オランダ全土が焦燥感に駆られています。


ところで、オランダでは
「サッカーといえば、この曲!」という歌があります。

♪Bloed, Zweet en Tranen♪
というタイトルで
日本語に訳すと『血と汗と涙』という、いかにもな歌。

オランダ人は勝っても負けても、この曲を聞きたがります。

元々は “Levenslied”というジャンルの歌手、Andre Hazesが歌っていました。
Hasezは人生について哀愁たっぷりに歌う、国民的歌手です。



彼は2004年に癌で亡くなってしまいました。

オランダ国民にとって、この曲はあまりにも名曲だったのでしょう。
Rene Froger
というベテラン歌手が、Hazesのあとを引き継いでいます。



タイトルから想像できるとおり…
何かに頑張った人を称える歌、だと思います。

全力を出し切れていなかったオランダサッカーチームに
贈るべき歌かはわかりませんが…

今後の躍進を期待して、この歌を贈ります。


オランダが敗退してしまった後のEURO 2012・・・
どの国を応援しようかなぁ〜



<おまけ>


オランダが勝ち進んでいたら、紹介したかった曲。

♪Viva Hollandia♪



聞いてるだけで元気が出てくる歌ですよね。

今は虚しく響くだけですが…

「血と汗と涙」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
本日から夏時間+α (2010/03/28)
スイセン咲く頃 (2012/03/14)
早春の日差しを浴びて… (2011/03/09)