パンプキン x パンプキン♪

  • 2012/01/17(火) 10:10:00


暖冬気味だったオランダですが
氷点下を下回る、冬らしい陽気になってきました。

空気が澄んで、朝焼けと夕焼けも綺麗です。


朝焼け


夕焼け


なぜか寒さに強い私は
このぐらいの気温のほうが冬っぽくて好き。




さて今回は、美食倶楽部(お料理教室)ネタ。

新年第1回目はタイトルのとおり
カボチャをふんだんに使ったメニューでした。

ヨーロッパで手に入るカボチャはベチャっと水っぽく
日本で食べるようなホクホクのものとは違います。

が、そんなヨーロッパ産のカボチャでも
おいし〜く食べられる、素敵メニューを教えていただきました。


前菜: 貝柱とパンプキンソース


ソテーしたホタテ貝にパンプキンソースをたっぷりかけたお料理。


パンプキンソースの作り方は超簡単♪
蒸し煮した後マッシュして、バターを入れて煮て、
仕上げに生クリームを加え、塩で味付けて出来上がり。

たっぷりのグリーンと合わせれば、彩りも完璧です♪


メイン: 鴨のステーキとザクロソース


このお料理にはパンプキンを使いませんが…
たっぷりのザクロの実がソースに入りま〜す。

ほら、こんなにた〜くさん♪

鴨のフィレ肉は塩・胡椒して、脂の皮にフォークで穴を開け
たっぷりのバターを熱した鍋でじっくりと(±15分)両面を焼きます。

皮のほうを先に焼く!
引っくり返すのは1度だけ!


焼き上がったら厚めにスライスしておきます。

ソースは、鴨肉を焼いた後の油にグレイビーソースを混ぜ
オレンジジュースとザクロの実を入れて煮詰めます。

今回の付け合わせは*エンダイブ*入りマッシュポテト。
お皿の真ん中にマッシュポテト、その上に鴨肉、
まわりにソースをたっぷりかけてサーブします。

*エンダイブ*

ヨーロッパ原産のキク科の緑野菜。独特の苦みがある。
 


デザート: パンプキンパイ


冷凍パイシートを使った、お手軽デザート♪

フィリングは、皮をむいて蒸したカボチャに
ハチミツ、塩、シナモンを混ぜるだけ。

フィリングをシートに詰めたら
±180℃のオーブンで±20分焼くだけです。


今回は、カボチャ好きな私に
とっても嬉しいメニューでした

こっちのカボチャはマズイとあきらめていたけれど
ちょっと工夫すれば、美味しく食べられますね。

さっそく作ってみよーっと♪

「パンプキン x パンプキン♪」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
本格インドカレー (2010/06/09)
陶芸いろいろ (2011/04/27)
ボーノなイタリア〜ン (2012/03/08)