デン・ハーグへ

  • 2010/02/26(金) 21:55:02

オランダ第3の都市、デン・ハーグ(Den Haag)へ行ってきました。
オランダ王室の宮殿が置かれ、各国の大使館も集まっている、オランダの政治都市です。

アムステルダムからはNS(オランダ鉄道)で約50分。


こちらがデン・ハーグ中央駅。



今回の公式の目的はパスポートの更新手続き。
まずは在オランダ日本国大使館へ行きました。


パスポートの有効期限は今年の8月までなのですが
旅行ツアーに申し込む場合などに「パスポートの有効期限が6ヵ月以上あること」
というのが条件になることが多いので早めに更新しておきました。

既に申請は済ませていたので、今回は受け取るだけ。
ちゃちゃっと10分ぐらいで無事終了!


で、非公式(?)の目的… というか
私の最大の目的であったすし処もり川へ向かいました。


「日本人板前による本場の寿司を!」というのがウリの日本食レストランで
何人ものお友達が大絶賛しているお店です。

ディナーはけっこうお高いそうですが、「ランチメニューは とにかくお得♪」だとか!
で、こちらがそのランチメニューです↓

酢の物

蟹&帆立入り。

椀物

デッカイはまぐりの赤味噌汁。

にぎり寿司 or ちらし寿司 (どちらか)



トビコ(赤)と対象にキャビア(黒)を使っているのが斬新!!
キャビアの軍艦巻きなんて、初めて見ましたよ〜

これにコーヒー or 紅茶がついて20ユーロ(約2,400円)です。
緑茶も無料でお代わり自由!(欧州では有料な店が多い)
お値段以上の満足感を得られました。

ネタが新鮮でとっても美味しかったです
みんなが大絶賛するだけのことがあります。
酢飯は甘めで関西風。関東人の私には新鮮でした。

このランチメニューだけで十分お腹いっぱいになるのですが…
どーしても食べたくて、ウニ&イクラも追加しちゃった♪

おいしかったぁ〜
でも、おかげでお腹はポンポコリン


ランチ後に向かったのはビネンホフ(国会議事堂)。

ホフファイエ池 沿いに立つ由緒ある建物。

池には白鳥もいました!


こちらは国会の開会式や外国元首の歓迎式が行われる騎士の館。


ビネンホフ広場。


赤ライオンの紋章が施された立派な門もあります。



そして、ビネンホフの一角に
「オランダで最も美しい建物のひとつ」と云われるマウリッツハイス美術館があります。

オランダを代表する美術館で、質の高い美術品が揃っていることで有名。

私が特に見たかったのは
ヨハネス・フェルメールの『真珠の耳飾りの少女』


そして同じくフェルメールの『デルフトの眺望』

本物を生で見られて感動でした〜

期間限定の特別展示はフィリップス・ヴーヴェルマン特集。

“馬好きの画家”として知られる彼の 馬を描いた作品群が展示されていました。
キラキラお目目の馬たちが描かれていて可愛かったです。

マウリッツハイスは作品数がそれほど多くないので
芸術にあまり興味のない私でも、飽きずに楽しめましたオススメです。


美味しいパティスリーがあると聞いていたので、このあと行きたかったのですが
ランチが尾を引いて… どうにも食べられそうになかったので断念しました。
次回、リベンジしたいと思います!


同じオランダ国内でもトラムの外観が違っていたり


こんな可愛らしいビルが建っていたり


やっぱりアムステルダム&アムステルフェーンとは雰囲気が違うなぁと思いました。
こじんまりとしていますが、自然に囲まれた素敵な街です。
暖かくなったら また来たいなぁと思いました。

「デン・ハーグへ」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
いってきました! (2010/05/17)
パリ&モン・サン・ミッシェル旅行記? (2008/11/20)
『ポーランド旅行記』 アップしました! (2011/07/13)