エジプト旅行記? カイロ編

  • 2010/01/14(木) 09:20:24

エジプト旅行記最終回。カイロ編です。

とは言っても… カイロはほとんど観光できませんでした。

アスワン→カイロのフライトが2時間以上遅れ、カイロに到着したのは夕方5時すぎ。
またまた観光スケジュールが大幅に狂い、
楽しみにしていたエジプト考古博物館にも行けませんでした

今回の旅行では計7回飛行機に乗ったのですが
行き(アムステルダム→カイロ)、帰り(カイロ→アムステルダム)以外の5回は
すべて出発時間が遅れました。

空港で待機することがとにかく多い旅でした。
エ○プト航空、ちゃんと仕事せい!


というわけで、カイロはちょこっとしか紹介できませんが… どうぞ。


<カイロ>


夜景。

ホテルのバルコニーから見えた景色。
さすがはエジプトの首都カイロ!ネオン輝く大都会ですね。
時々流れてくるコーランが印象的でした。


ナイル川ディナークルーズ

豪華客船(?)でナイル川の夜景を眺めつつ
ディナーとエジプシャン・ダンスが楽しめるクルーズです。

ディナーは3品(サラダ・メイン・デザート)のコース料理。

※ワインは別料金です。

日が沈んだらクルーズ出発!
船からカイロの夜景を楽しみます。








そして、ダンサー登場!
まずはタンヌーラ(Tannura)ダンス

ひたすら回転する というイスラムの修行の一種をステージ化したものです。
ダンサー(男性)は色鮮やかなロングスカートをはいています。

ずーっとクルクルしながら、いろいろな技を披露していきます。

これは、タンバリンみたいな形の色鮮やかなディスクを使った演技。
回りながら5つのディスクを広げたり重ねたり片付けたり… 見事な職人技でした。

動画を撮ったので ご覧ください。(後半が見ものです)



続いては、お待ちかねのベリー(belly)ダンス

ふくよかで妖艶なダンサーが登場!

エキゾチックな曲に合わせて激しく踊る、踊る!


ドレスをチェンジして再登場!

明るい感じの曲でコミカルなダンスを踊っていました。

再びドレスをチェンジして再々登場!

キャー!セクシー過ぎて目のやり場に困ります

こちらも動画でどうぞ♪(3つのダンスを1つにまとめてあります)



さて、次はちょっと気になったエジプトのお土産品を紹介します。

まずは山犬(ジャッカル)の頭を持つ神、アヌビスの像。

死後の世界の神で、ミイラ作りの神としても有名です。
写真は、死者に口開けの儀式をしています。

「犬」ってところが、犬好きの私の心を惹きつけました。

槍を持ったアヌビスも凛々しくて素敵!



↑こちらは等身大。土産物店の入口にありました。

それから、こちらはツタンカーメンの黄金マスクのミニチュア像。

実物を見られず… 本当に残念でした。

“クレオパトラに劣らぬ美しさ”と云われるネフェルティティの像もありました。



こちらはエジプト名物のガラスの香水瓶。




エジプト土産、いろいろ見たけど、「これ!」というものが見つからず…
けっきょく私は何も買いませんでした。


今回のエジプト旅行の感想は… とにかく疲れた!
内容盛りだくさんで楽しかったし、ピラミッドや遺跡を見て感動もしたのですが
その分 過酷な旅でした。

夜中の2時に起きなきゃいけなかった日もあり、身体的にも精神的に大変でした。
自由時間もぜんぜんなかったし、いつも時間に追われていて緊張してました。

それなのに、エ○プト航空のフライトの遅延で
空港での待機時間がやたらと長かったというのが皮肉です。

それと、今回はエジプト料理をあまり楽しめなかった。
ほとんどがビュッフェスタイルの(エジプト料理ではない)普通の食事だったので
つまんなかったです。
エジプト・ビールは しっかり堪能しましたけど♪


人生で一度は行ってみたかったエジプト。
「また行きたい?」と聞かれると、正直「もういいや」という感じなのですが…
ピラミッドやアブ・シンベル神殿などは、一見の価値はあると思うし
生で見られてよかったなぁ〜と思いました。

天気にも恵まれ(前半は霧に泣かされましたが)
綺麗な朝日や夕日をたくさん見られたのも嬉しかったです。







以上、『エジプト旅行記』でした。

「エジプト旅行記? カイロ編」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
ぶらり旅 in アントワープ (2010/10/20)
ビール王国へGO (2008/07/25)
Bois de Hal 〜2012 (2012/04/16)