4ヵ国周遊記 ストラスブール&リクヴィル編

  • 2009/05/28(木) 14:50:00

4ヵ国周遊記 最終回です。

アルプスに別れを告げて向かったのはフランス アルザス地方。
まずは その中心都市であるストラスブール(Strasbourg)へ行きました。



ドイツとの国境近くにあり、かつてはドイツ領だったこともある都市です。
そのため、フランスというよりドイツ文化の影響が強く残っています。

こちらは街を取り囲んでいるイル川


オシャレな小道がたくさんあります。


街の中心地へ向かって歩いて行くと… おっ見えてきた!


街のシンボル ノートルダム大聖堂

11世紀に建設されたゴシック様式の大聖堂です。
尖塔の高さは142m。砂岩が使われているので赤茶けています。


こちらは大聖堂の向かいに立つ黒い建物
ラ・メゾン・カメルツェル(La Maison Kammerzell)



裕福な商人が16世紀に建てた館を改造したレストランです。

歴史漂う木造の店内。
ものすごーく広くて、トイレへ立った後 迷子になりました

このお店は“シュークルートの殿堂”と呼ばれています。
シュークルート
とはドイツ料理でいうザワークラウトのことで
キャベツを乳酸発酵させた漬物のこと。

名物のシュークルート・ガルニ(シュークルートの上に豚肉やソーセージがのったもの)と
サバのソテーを食べました。

味はまぁまぁでしたが… ストラスブールの郷土料理が食べられて満足です。


さて、こちらは古典主義様式の建物 パレ・ロアン

もともとはストラスブールの司教館でしたが、今は3つの美術館が入っているそうです。


中世の町並みが残る地区 プティット・フランスへ。

川沿いにアルザス特有の木組みの家が建ち並んでいます。
水に建物が映るさまがなんとも美しい。

ビーグルズも入れて、もう1枚!



白壁に黒い木組み。ドイツっぽい!




川の眺めを楽しめるホテルやレストランが軒を連ねています。




フランスとドイツが融合した街 ストラスブール。
でもフランスともドイツとも違う、独特の雰囲気が漂う可愛らしい街でした。


アルザス地方には古い街並みが残る小さな村が点在しています。

今回はリクヴィルという田舎町を訪ねてみました。

一面に広がる葡萄畑




アルザス地方では主に辛口の白ワインが生産されており
リクヴィルにはアルザスワインの名門ヒューゲル社があります。

人口1200人ほどの小さな村ですが
リクヴィルはアルザスワイン街道の“真珠”と呼ばれるほど人気も高く
毎年 多くの観光客が訪れるそうです。

石畳の可愛らしい街並み





小さな村なので地図なしで気ままに歩けます。

レンガ造りの建物もあちこちに。なんだか温かみを感じます。


とても居心地がよくて帰りたくなくなりました。名残惜しい〜帰り道。

丘の上から見た風景

アルザス地方、とっても気に入りました。
今度は もっとゆっくり滞在したいなぁ。
ほかの村々も巡ってみたいし、アルザスワインも飲みたいし、
アルザス地方の特産であるフォアグラもたくさん食べたい! ねぇ ダンナくん。


以上、4ヵ国周遊記でした。
文化や環境の違う4ヵ国を巡ることができて すごく楽しかったです。

「4ヵ国周遊記 ストラスブール&リクヴィル編」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
またまたアントワープ (2010/12/17)
マドリード&マヨルカ島旅行記 (2011/01/10)
Voyage a Bordeaux (2011/05/26)

この記事に対するコメント

おぉ、ホントにフランスっていうよりドイツって雰囲気ですね!
ねえねえ、車での長旅、ビーグルズは大丈夫なの? 車酔いとか…。
プーが大好きなシャム猫2匹が主人公の推理小説では
(いや、主人公は元新聞記者か?)
時速何マイルか超えると「ふぎゃーふぎゃー!」
急ブレーキ急発進すると「ふぎゃーふぎゃー!」
山道のワインディングロードで「ふぎゃーふぎゃー!」
で本来1日で行ける距離を3日間かけて行く、みたいのがあったの。
ははは。ビーグルズはいい子にしてるのかしらん?
何はともあれ、お疲れさまでした!
ヨーロッパを満喫できてよかったですね♪

くうう

まりぷーさんの旅行記を読むと、もう、めちゃくちゃヨーロッパに行きたくなります。行きたい、行きたい、くうう。ヨーロッパ未体験の連れ合いに、「いいところよお」って見せたいのもあるのよね。

しかし、考えたらわたくし、最後にヨーロッパに行ったのが・・・1986年。うそ、信じがたい。なんというご無沙汰でしょう。母校で5年おきに行われている同窓会が2010年に、創立50周年同窓会が2013年にあるというから、それを目指してがんばろうかしらん。その頃までまりぷーさん、いないよね(^^;)。

とりあえず日比谷公園のオクトーバーフェストに行ってザワークラウトとソーセージしてこようかな。

  • 投稿者: Nest
  • URL
  • 2009/05/29(金) 02:01:29
  • [編集]

すてき〜!!

4カ国周遊記、全て制覇させて頂きました(笑)
ストラスブールをはじめ、フランス北東部の街やワインには前から興味があって、いつか車でゆっくり巡ってみたいなぁと思っていたの♪
いいなぁ〜♪
お天気も最高の四連休だったから、アルプスの山もキレイだね〜!

今年の夏、旦那さんが夏休みをとれたら、やっぱりフランス北東部あたりを廻ろうかしら。
そとときはおススメスポットを教えてね!

☆プーさま

フランスなのにドイツっぽくて、なんだか不思議な感じでした。
でも、ストラスブールの町並み、特にプティットフランスの風景は
可愛らしくてとっても好きです。
ビーグルズは車酔いは大丈夫ですよ。
仔犬の頃は酔ってたけど、いまはすっかり慣れたみたい。
クレートの中に入ってスヤスヤ寝てます。
愛犬と一緒に旅行ができて幸せです♪

☆Nestさま

ヨーロッパの町並みは、日本とはまったく違う風景なので
連れ合いさまにぜひ見ていただきたいですね。
2013年は微妙ですが、2010年だったら、まだこちらにいます(予定です)
ヨーロッパへお越しの際は、ぜひ声を掛けてください!

日比谷公園のオクトーバーフェスト、ニュースで見ました!
本場のドイツビールの味が楽しめるんですよね。
日本は既に真夏日が続いてるようですから、ビールもおいしいことでしょう♪
楽しんできてください!

☆CHAKENさま

いやぁ〜旅行記を書くのって本当に疲れるね!
写真の整理&加工をして、ガイドブックを見ながらいろいろまとめて…
けっこう時間がかかりました。読んでくれて嬉しいです♪
でも、旅行記を書いておくと、自分のためにもいいよね。
後で読み返したときに旅の思い出が蘇ってくるもんね♪

フランスの北東というと、狙いはシャンパーニュ地方?
前から行きたいって言ってたもんね♪
アルザスの村々は小さい村ばかりなので
短時間で巡れると思うよ〜
旅行が実現するといいね!

勉強になりました!

まりぷーさん、ご無沙汰です!さっきまでだんなと夏の旅行計画をしてたんですね。それが済んだところでまりぷーさんのブログを開いたら、まりぷーさん一家の4カ国周遊記と行き先がかなりかぶっていて、とっても勉強になりました!ありがとうございます。いつもながらキレイな写真たっぷりで読み応え満点でした。ますます旅行が楽しみになりました。でも移動距離がすごい。行けるもんですね。うちも頑張ってもらわなきゃ。

☆しぶたかさま

こんにちは!ご無沙汰しています。
4ヵ国周遊記、読んでいただいてありがとうございます♪
頑張って書いた甲斐がありました。
でも…3泊4日ではかなりキツカッタです。
もうちょっと余裕を持って巡りたかったなぁ〜
しぶたかさん家は お子様もいるので
もっと時間をかけてゆっくり旅したほうがいいと思いますよ〜

夏の旅行計画、そろそろ立てないとダメですね…
我が家はまだぜんぜん進んでいません。やらなくちゃ!

またまた満喫させてもらいましたよぉ。^^
旅はいいよねぇ♪
ガイドブックを見ながら、どこで何しようか考えるのも、
実際に旅先で、風景や食事や人との出会いを楽しむのも、
帰ってから、写真選んで、ガイドブックを再チェックして、
旅の思い出をまとめる作業も素敵!^^
でも、ほんと、まりぷーの旅日記を読んでいると、
すぐにでも飛行機に飛び乗りたくなっちゃいます(笑)

☆Kuminekoさま

ほんと、旅はいいよね〜
今回は4ヵ国も巡れたので、すごく充実した旅でした。
愛犬と一緒に旅行できたのも嬉しかったなぁ♪
いつか一緒にヨーロッパのどこかの国を旅できるといいね。

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する