両親の来訪 Part1

  • 2009/05/12(火) 21:53:33

私の両親が日本から遊びに来てくれました。



飛行機で約11時間半の長旅。さぞかし疲れたことでしょう。
はるばる会いに来てくれてありがとう!

せっかく来てもらったからには めいっぱい楽しんもらいたい!
ということでオランダ&周辺の観光地を駆け足で巡りました。


キューケンホフ公園
にて。

残念ながら見ごろは過ぎていましたが…


さまざまな品種のチューリップや春の花々を楽しめました。


デルフト
にて。

画家フェルメールの出身地&デルフト陶器の里です。

式を挙げたばかりの新婚カップルが馬車で広場を一周していました。

羽飾りをつけたお馬さん、かっこよかった!

新婚カップルを見ながら「昔を思い出すね〜」と父。「もう忘れちゃったわぁ〜」と母。
相変わらずの父母の掛け合いに苦笑してしまいました。


フォーレンダム
にて。

漁村の雰囲気が残る村。
民族衣装が有名です。ということで…


オランダの民族衣装を着て写真を撮っていただきました。
最初は恥ずかしがっていたけど、撮り終わったら御満悦♪でしたよ


キンデルダイク
にて。

ユネスコの世界遺産に登録されている風車群。
19基の風車を眺めながら、のんびりお散歩しました。


アムステルダム
にて。

運河クルーズでオランダらしい街並みを堪能。

途中、いくつもの楽器を1人で奏でるおじさんに遭遇。

愛嬌があって愉快なおじさんでしたよ。


ベルギーのアントワープ
にも行ってきました。

世界遺産の市庁舎


同じく世界遺産のノートルダム大聖堂と画家ルーベンスの銅像。


ルーベンスが暮らした家。



たどたどしいガイド(私;一番右)でしたが… がんばりました。


久々の家族旅行、親子で楽しい時間を過ごせました。

でも、一気にいろいろと巡ったので かなり疲れさせてしまったようです。
行き帰りの車内では仲良く爆睡してらっさいました




もちろん、オランダ&ベルギーならではの美味しいものも
たくさん食べました。
次回の記事にてご紹介したいと思います♪



<おまけ>

両親の滞在中に迎えた「母の日」。
宿泊先のホテルでは女性に真っ赤な薔薇が配られたそうです。


一輪だけど、とっても立派な薔薇でした。

嬉しいサービスですね。

ちなみに私たちからは、アムステルダム散策中に見つけた
オランダの風景画をプレゼントしました。
すごく喜んでくれて、こちらまで嬉しくなりました

「両親の来訪 Part1」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
Sail Amsterdam 2010 (2010/08/23)
クリスマス・マルクト初体験 (2008/11/24)
滑り納め (2012/02/14)

この記事に対するコメント

すごいすごい! あちこち行きましたねぇ〜!
うちらはザンセスカーンスでお茶をにごしました。ははは。
まあ、ベルギーの兄んところにも行ったけどね。

お馬さんがすてき!
あ、乗馬するならわたしの乗馬日記なんて無視無視!
まずはどっかり座ってリラックスして楽しむことです♪

ご苦労様でした♪

ご両親と一緒にオランダやベルギーの街を廻れたなんて、いいね〜♪
ウチは旦那もウチの両親も、どちらもオランダには来ないだろうから(笑)
お天気にも恵まれて良かったね!

駆け足の弾丸ツアー、ご両親はもちろんのこと、まりPOOちゃんもBOOちゃんも疲れたでしょう…お疲れ様でした♪
お食事編も楽しみにしてるよ〜!

☆プーさま

オランダには4泊5日だったので
いろいろと巡ることができました。
そっか、プーさん御夫妻が駐在中は
お兄さん夫婦もベルギー駐在だったんですよね〜
そりゃ、ベルギー重視になりますよね。
オランダより見どころいっぱいでだもん(笑)

馬車のお馬さん、惚れ惚れするほど素敵でした〜
ますます乗馬への憧れが↑しましたよ!

☆CHAKENさま

ほんと、はるばる会いに来てくれて有難いよね。
精一杯の親孝行をしようと思ったのだけど…
パパさんには冷たくしてしまった(ダンナくんから叱られたよー)

お天気は… まずまずでした。
フォーレンダムで雨に降られたけど
それ以外は暑すぎず、観光日和だったよ♪

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する