ポルトガル旅行記 〜観光編?

  • 2009/01/27(火) 22:33:28

ポルトガル旅行記2回目。
今回はリスボンから日帰りで巡れる観光地を紹介します。

リスボンで格安ガイド付ツアーに申し込み
小さなバンに乗り込んで西へ向かいました。


最初の観光スポットは「ケルス国立宮殿」

18世紀に建てられた宮殿だそうです。
外観はなんだか貧相なピンクの宮殿ですが…


内装はとってもゴージャス!
「ポルトガルのヴェルサイユ」と呼ばれているそうです。
それはちょっと言い過ぎじゃな〜い?


続いてリスボン西北にある「シントラ」という町に着きました。
王侯貴族に夏の避暑地として愛されてきた緑豊かな美しい町です。
シントラの文化的景観は世界遺産にも登録されています。

こちらはぺナ宮周辺の公園。

霧がかかってしまい残念。

ぺナ宮
です。

シントラ山系の頂上部分に立っています。標高529m。

ボコボコした門構え。


魔除け? きも〜い



シントラの中心部にある王宮です。

フツーの建物に見えますが、各部屋の内装は超豪華だそうです。
(中には入りませんでした)


次に向かったのは「ロカ岬」

ここはユーラシア大陸最西端の地です。


この碑にはポルトガルの詩人カモンエスが詠んだ詩の一節
“ここに地果て、海始まる”
が刻まれています。


こちらは「地獄の口」

高さ30mの断崖に洞窟が大きく口を開いています。

確かに「地獄の口」っぽい?!




ここから2kmほどのところに国際的リゾート地、「カスカイス」があります。


このおじさんは…

第三十二代ポルトガル国王ドン・カルロス一世。
ポルトガル最後の国王だそうです。

ちょっとひなびた港町ですが、風情があっていい感じ。


2011年に向けて町の再開発が進んでいるようです。

再開発後の夏に もう一度来てみたいな。


このあと、リスボンへ戻りました。

盛りだくさんで楽しいツアーでしたが
あいにくの天気でちょっと残念でした。
途中で暴風雨に見舞われ、傘をさしていてもズブ濡れに…

でもツアー終盤で晴れだして 帰り道には綺麗な夕焼けが見られました。





最後にコスタ・ド・ソル(太陽海岸)の夕陽を見られてよかった〜


今回はここまで。
最終回はポルトガル料理を紹介していきま〜す♪

「ポルトガル旅行記 〜観光編?」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
ドイツ/ニュルンベルク? (2009/12/08)
4ヵ国周遊記 ミュンヘン編 (2009/05/26)
ロマンチック街道の旅? ローテンブルク編 (2010/04/09)

この記事に対するコメント

いいね〜♪

建物がどっしりした感じで、イタリアとかフランスとはまた一味ちがうね〜。
地獄の口?断崖絶壁の上から写真撮ったの?
…高いところとか苦手な私には無理かも…(笑)
夕焼け、キレイだね♪
やっぱり海から見る夕日が一番キレイ!
あ〜、今年は海に行きたいよ…

☆CHAKENさま

城といっても、ドイツやフランス、イタリアの城とは全然違うよねー。
外の壁がピンクとか黄色とか、なんだか貧相な感じ(笑)
でも、内装はすごい豪華でおもしろかったよ。
地獄の口は私でも怖かったから、CHAKENちゃんはきっと足がすくんじゃうね。

私も、今年の夏は海に行きた〜い。
ビーチでゆっくりしたいなぁ。

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する