最後は お巴里

  • 2012/09/26(水) 18:00:00


最近は不安定なお天気が続いているオランダですが
朝焼けはとっても綺麗です。


雨雲のおかげで、美しいグラデーションができてます。





日本帰国前の最後の旅行はパリへ。
1泊2日の弾丸ツアー。 ビーグルズも連れて車で行きました。

毎度おなじみ、凱旋門前での記念撮影。
キミたちは もうパリへ来ることなんてないだろうね〜


お昼ごろに到着したので、まずはガレット(そば粉のクレープ)で腹ごしらえ。

行列もできるクレープ・スタンド Creperie du Comptoir にて。
正直、期待していたほどの味ではありませんでした。

たぶん… 生地をつくるところを見てしまったからかも。
大きなバケツに 水道水をダーッと入れて、粉をバーッと入れて、卵をポンポン入れて
ガガガっと掻き混ぜただけっだたのです。 
(粉は秘伝の配合なのかも… と、いちおうフォロー)


ガレットを持って、とりあえず近くのリュクサンブール公園へ移動。

宮殿&庭園のある広い公園です。

あちこちに彫刻があり、お花も綺麗な憩いの場。

景色を楽しみながら、のんびりランチしました。


あら、美尻な彫刻さん(尻フェチなもんで)


ちょっとだけ紅葉していて、いい雰囲気。

初めて来たけど、素敵な所でした。


実は、パリはそれほど思い入れのある場所というわけでもなく
最後の旅先に選んだのは、諸事情があってのこと。

ひとつは、不要な本やCDをBOOK-OFFで売るため。
今回もたくさんあったので、80ユーロぐらいになりました♪


そして、もうひとつの目的は…

ルーブル美術館に行っておきたかったから。なんとなく。
何度もパリへ来てるけど、私はまだ一度も行ったことがなかったのです。

ダンナくんは一度来たことがあり、特に興味もないと言うので
1人でメトロに乗って行ってきましたよ。

これがルーブル美術館かぁ。

ひ、広い。

芸術にさして関心がない私は、途中で へこたれそうになりましたが…

なんとか、モナリザ まで辿りつくことができました。

そして、その後もガイドブックに載っている主要作品を見て回りました。

これはサモトラケのニケ。

こちらはハムラビ法典。


名画もいろいろ見て…


オランダ出身の画家、フェルメールと


レンブラントもおさえて…


すっかり満腹。

もう! 広すぎるよー!!

ミロのヴィーナスも見たかったけど… 遠いわ、迷うわ、で断念。


途中からは、犬の絵ばかりに目が行ってしまう始末でした。


「この2頭、なんだかビーグルズに似ているわ」

「ほらほら、そっくりー!」とか思いながら。


って、これでも2時間半ぐらいは頑張ったんですよー!


最後はピラミッドを中から見て

ルーブルさんに別れを告げました。

はぁ、疲れた。 翌日以降、スネが筋肉痛です。


さてさて、グルメのお話。

お友達が紹介してくれた、安くて美味しいと評判のオーベルジュ
L'Auberge Etchegorry でディナーをいただきました。

フレンチバスクの名物料理が食べられるお店。


テーブルには素敵なバスク・リネン♪

前菜は

鴨のスモークが載ったサラダとフォアグラ入りテリーヌ

メインは

墨イカ&タラのすり身入りパプリカと鴨のコンフィ

デザートは

バスク産チーズ&ベリージャムと自家製ヌガーアイス&チョコレート

どれも美味しゅうございました。
30ユーロ前後で食べられる、ボリュームたっぷりのディナーコース。
かなりオススメです。


2日目のランチは
「帰国前だし、日本食はやめよう!」 と思っていたのに・・・

やっぱり行ってしまいました、国虎屋。

国虎うどんの誘惑に勝てなかった・・・
からすみ大根とカツとじも食べました。


そんなこんなの お巴里旅行。

連日の送別会でお疲れのところ、片道5時間の運転を頑張ってくれたダンナくんには
感謝、感謝でございます。


「最後は お巴里」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
エジプト旅行記? カイロ編 (2010/01/14)
ポーランドへ (2011/06/07)
やっぱり大好き♪ アントワープ&ブリュッセル (2012/09/17)

George & GaGa @ Ziggo Dome

  • 2012/09/24(月) 22:25:00


今年6月にオープンした大型エンターテイメントホール
その名は Ziggo Dome

“ドーム”という名称ですが、角々した建物です。

集客動員数1万7千席。
コンサートだけでなく、テニス、水泳、スケート競技なども観戦できるそうです。

※Wikipediaより写真を拝借



そんなZiggo Dome で
ビッグアーティストのライブを観てきました♪


まずはGeorge Michael


チェコ・ナショナル交響楽団を率いたオーケストラ・ツアーの
SYMPHONY Tour
へ行ってきました。


御年49歳のジョージ・マイケル。

どんなステージを見せてくれるのでしょうか?
ドキドキ・ワクワク♪


予定開始時刻より遅れること40分。(←さすがは大物)
やっと姿を現したジョージ。

おぉ!
すっかり貫禄がつきましたなぁ。
昔の面影はどこへやら…


でも!
声は張りがあって若々しく、抜群の歌唱力も健在!
セクシーな歌声に酔いしれる、至福の時間♪
ディナーショーに来たみたい(行ったことはないけれど)


“オーケストラとの共演”ならではの
ムーディでアダルティなステージでした。

コンデジ撮影にて。これが限界…



言わずと知れた“ゲイのカリスマ” ジョージ・マイケル。

気が付けば、隣はゲイのラブラブカップル。

ステージが盛りあがってくると…
人目をはばからずイチャイチャ
バラードでは涙ぐみ、アップビートではノリノリでダンス。

とっても楽しんでらっさいました。
私とダンナくんもそれなりに。
往年のヒット曲も歌ってくれたので楽しめました。


2部構成で、途中はカヴァー曲(Sting の ♪Roxanne♪ など)も披露。
アンコールも含め全21曲の見ごたえ(聴きごたえ)のあるライヴ。

大満足でした。



続いては、Lady GaGa


世界各地を巡る Born This Way Ball のアムステルダム公演へ。


会場はかなりの人口密度。

客層はジョージ・マイケルとは異なり若者多めで
小学校中〜高学年ぐらいのお子様たちがいる家族連れも見かけました。


ヘビメタの前座バンドを経て、待つこと1時間半。

お城のような立派なセットが組み立てられ
ミュージカルのようなステージが開幕しました。


うわぁ〜 生ガガだ!


本物だ!!


正直言って、そこまでファンでもなく
ミーハー感覚でチケットを購入してみただけなのですが

実際に生で見てみると、そのカリスマ性に圧倒されました。

月並みな言葉しか言えませんが

歌も踊りも超上手い!!


大観衆を惹きつけるパワーがありました。



ファンのことをとても大切に想っているようで
とにかくよく喋りかけ、よく交流していました。



観客席間近のステージにて。

ファンから投げ込まれたプレゼントに御満悦。

↑の写真は、ネット・ニュースでも話題になっていた(
ファンから贈られたマリファナを吸っているガガです。

オランダではマリファナが(一部の指定場所での吸引は)合法なので
「本物だわ♪」なんて言いながらプカプカとおいしそうに吸っていました。


このほかにも、きわどいセットやダンスも多く
お子様にはちょっと…という場面もありましたが
子供連れの親たちは笑って和やかに観ていたので
「さすがオランダ、寛容だわ」と、こんな所で改めて思ったのでした。


こちらはバイクになったガガ。

衣装もステージも本当に奇抜で斬新!
観客を決して飽きさせません。


そのバイクを、今度は楽器(キーボード)として使用。


弾き語りのバラードは胸にジーンときました。



メディアで見るガガは、派手で奇抜でサイボーグのようなイメージでしたが
無造作ヘアの飾らない姿で観客に気さくに自分のことを話す姿は
とっても可愛らしい、普通の20代の女性でした。



ほとんど出ずっぱりで歌と踊りを披露してくれたガガ。

何をとっても超一流の、正真正銘のスーパースターでした。

すっかり彼女の大ファンになってしまった私とダンナくん。
早くも次回のライヴに行きたくてたまりません。
(日本ではなかなかチケットが取れなさそうだけど…)


帰国前に大物アーティストのライヴ2連発を楽しめてよかったです♪
これもまた、オランダ駐在の良い思い出になりました


続きを読む

「George & GaGa @ Ziggo Dome」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
The Drummers of Japan (2009/04/28)
ダッチ・シンガーズ 女性編 (2012/04/20)
限定もの (2010/11/03)

さよなら&ありがと、ボス公園

  • 2012/09/21(金) 07:00:00


ビーグルズと何度も遊びに行ったボス公園で
「これが最後かもしれない」お散歩を。


馬も散歩できちゃう広大な森の公園です。


私たちみんなの大好きな場所。

広くて、お散歩し甲斐があるもんね


ルーちゃん、イイ顔してるぅ。


エディくん? 

何かを見つけて、とつぜん駆け出しました。


その目線の先にあったのは・・・

笑顔が可愛いワンちゃん。

楽しそうにご挨拶


相変わらず社交的なエディくん。


ワンコがたくさん集まるこの公園では、いつも自ら挨拶に行きます。


時には かなり積極的に。

ちょっと、キミたち。
顔を突っ込みすぎじゃない?


<友情出演>
ジャックラッセルのノンノンちゃん

バッタリお会いしました。
ボール遊びでご機嫌さんでした〜 可愛かった。


いろんなワンコのニオイがするらしく
マーキングにお忙しいエディさん・・・


と、ルーシーさん。

アナタは女の子なんだから、足を上げてしなくてもいいのよ。


ここで、衝撃の写真をご紹介♪

ずっと撮りたかったけど撮れなかった、ルーシーの幻の秘技・・・


「逆立ちオシッコ」です。

ちょっとわかりにくいけど
逆立ちみたいに、両後ろ足をあげてオシッコしています。

一瞬なので、いつもシャッターチャンスを逃していましたが
やっと撮影に成功しました。(←別に撮らなくてもいい写真だけど)

女子なのにワイルドすぎるぜ、ルーシー。


さてさて、広〜い原っぱに到着しましたよ。

ここではよく 駆けっこやボール遊びをしました。
記念に1枚 撮っておこうね。


私の「はい、OK!」が「よーい、ドン!」の合図。
ご褒美のオヤツをめがけて、2頭の徒競走が始まります。

ルーシーの勝ち! (若干、フライングの疑いあり)


とにかく駆けっこが得意なルーちゃん。


余裕の笑顔で

いつもエディを負かしてしまいます。 どや顔ルーちゃん。


エディくん、ちょっと悔しそう。


「本当は わざと勝たせてあげているんですけどね」とは 本人(犬)談。



追いかけっこをしている2頭を連写していたら
奇跡のシンクロ・ショットが撮れました♪

笑顔もシンクロ! これは10点満点の演技(?)ですな。


たくさん走って大満足!


&ちょっとお疲れのおふたりさん。

でも、イイ顔してるね。


大好きなボス公園とも これでお別れ。 寂しいです。

さよなら、ボス公園。
たくさんの楽しい思い出をありがとー!

「さよなら&ありがと、ボス公園」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
ルーシー、9歳になる! (2012/11/01)
可愛いプー姉妹 (2010/02/23)
布団の上に・・・ (2012/11/06)