晩秋のハマリもの

  • 2011/11/17(木) 21:55:00

寒〜く&暗〜くなってきたオランダ。
ついつい、お家でヌクヌクしていたくなります。

そんな「プチ引きこもり」な私の
この晩秋のハマリものをご紹介♪


まずは Adele

渡辺えり
さん似の写真を選んでしまいましたが
今、売りに売れている弱冠23歳の歌姫です。
(彼女の年齢を知った時はビックリ! 貫禄あるよね〜)


イギリス・ロンドン出身のシンガー・ソングライターで
2009年のグラミー賞で2部門を受賞した実力派。

彼女の持ち味はブルージー&ソウルフル&スモーキーボイス。
23歳とは思えない、重量感のある歌声は類まれな存在感を放っています。

セカンドアルバム『21』は
全世界で1300万枚超のセールスを記録。


このアルバム、私の中でも超ロングラン・ヒット中!
何度も何度も繰り返し聞いてるけど、ぜんぜん飽きません。
捨て曲は1つもなくて、どれも飛ばさずにじっくり聞き入っちゃう。

ハッピーなラブソングはなく
切ない女心(別れた男に未練たっぷりめ)の歌が多いんだけど
彼女が歌うと妙に説得力があって(?)、なんだか心に染みるんですよね〜

一番好きな曲はやっぱりコレ!

切ない歌詞だけど、メロディが好き。

♪Set Fire To The Rain♪はライブバージョンが良いです。


ファーストアルバム『19』からはコレ↓が一番好き♪

私がオランダに来た頃に流行っていました。
彼女を好きになるきっかけになった曲。

コレもいいよね。

このPVのアデルちゃん、いいなぁ。
柳原かなこちゃんみたいで可愛らしいですよね。

今ライブに行きたいアーティストNO.1です。
でも、ヨーロッパツアーは終わっちゃったし
今は喉の調子が悪くて手術するため、今後のツアーは全てキャンセルなんだって。
しばらくは休養するのかなぁ。


続いては食べ物のハマリもの。

です!

日本でも柿は旬で美味しい時期だと思いますが
オランダの柿も甘くて美味しいのだー! 

しかも安いし、大きいし、

タネがないの!

茶色いブツブツの部分もあまりないけど
ぜんぜん渋くないし、見た目より柔らかいんですよ。



そして、もう1つハマっているのが
フルーツにバルサミコ酢をかけて食べること。

柿とイチジクにも


以前、お料理の先生のお宅で この食べ方を教わり、
すごく美味しかったので、すっかりハマってしまいました。

酸味と甘味のハ〜モニ〜。

バルサミコ酢って実は奥深いものなんですよね。
熟成期間が長いほど濃度と甘味が増し
ドロッとしてソースみたいになるのね。

とある店で3年もの、5年もの、8年ものを試食させてもらったら
ぜ〜んぜん味が違いました。
もちろん値段も熟成期間が長くなるにつれて高くなります。

我が家はけっきょく5年ものを購入。
「主張しすぎないほうがいい」とのダンナくんの意見に妥協しました。
(ほんとは8年ものを買いたかったのよ…)

5年でも十分美味しいのですが、
お友達にごちそうになった12年ものは、やっぱり上質な味でした。
バルサミコ酢の旨さがもっと分かるようになったら
長期熟成ものを買ってもらおう♪


続いては飲み物のハマリもの。

オランダの蒸留酒 ジェネーバ(Jenever)のお湯割り。


こちらでは焼酎が高いので、チビチビ飲んでいたのですが
「ジェネーバのお湯割りは麦焼酎みたいで美味しいよ」
と聞いて、試してみたら本当に美味しかった!
体も温まるので、最近はもっぱらコレで晩酌しています。

ジェネーバはジンの本家本元!
17世紀ごろにオランダからイギリスに伝わったものが
今のドライジンの元になったと云われています。

アルコール度数は40%前後と焼酎よりだいぶ高め。
飲み過ぎると危険なので、ほどほどに。


お茶でハマっているのがジンジャー・ルイボスティー

Sligro
でたまたま見つけて買いました。

ルイボスティーはノンカフェインだしミネラルも豊富。
肝臓の働きを助け、便秘・高血圧・不眠などの改善にも効果があるそうです。

日本ではあまり好きじゃなかったんだけど
オランダに来てから「おいしい!」と思うようになりました。

普通のルイボスティーも好きだし
柑橘系やベリー系、チョコやバニラなどなど
いろいろなフレーバーのものも飲んでいます。
でもジンジャー味は今回が初めて!

味も香りもそんなにきつくないのに
ショウガ湯を飲んだ時みたいに体がポカポカしてくるので
お風呂上がりや寝る前、寒いなぁと思った時に飲んでます。


そして、最後のハマリものはこれ。

BURT'S BEES
のハンドサルヴです。

長年愛用していた日本製のハンドクリームが切れてしまい
それ以来、ハンドクリーム・ジプシーしてました。

手荒れがひどいので、薬用っぽいものじゃないとダメなんです。
香りがきついのもイヤ。いつまでもベトつくのもNG。
いろいろ試してみたけど、なかなか「コレ!」というものが見つからず。

そんな中、 De Tuinen で見つけたBURT'S BEES。
おじさんの怪しいラベルになぜか惹かれて買ってしまったのです。

フタを開けたら、ロウみたいになっていて
「あ〜あ、失敗した〜!」と最初は思いました。

つけてみると、かなりベタつく。
「やっぱり失敗だったわ」と再度ガッカリ。

ところが…

あれ? あれれ?? 
すぐにベトつきが取れて、イイ感じにシ〜ットリになりました。

サイトを調べてみたら、
「しっかりうるおうのにさらっとした使用感でPC作業の前にもお使い頂けます。」

って書いてありました。 ほんと、そのとおりっ!

柑橘系のハーブ+薬用っぽい香り も私好み。
(あ、でも人によっては苦手かも、、、です)

オランダにいる間は、バートおじさんにお世話になろうと決めました。


以上、今の私のハマリものでした。
ついつい熱くなって、ダラダラと書いちゃった。
何かが誰かの参考になれば幸いです。



<おまけ>


今日はボージョレーヌーボーの解禁日でしたね。


オランダは日本ほど盛り上がっておらず
酒屋の一角でちょこっと売られている程度。

お友達と飲んだら、さっぱり&すっきりで美味しかったので
我が家用にも買ってきました♪

「晩秋のハマリもの」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
2段トレイ (2008/09/26)
『犯人に告ぐ』 (2012/01/30)
あなたに会いたくて (2011/05/16)