イタリアン&フレンチ

  • 2010/11/05(金) 21:00:00

おひさしぶりの美食倶楽部(お料理教室)
今回はイタリアン&フレンチの混合メニューでした。


前菜?: 赤サラダ菜とナッツ


赤サラダ菜とナッツ類(クルミや松の実など)を
塩・胡椒・オリーブ油・ワイン酢で和えました。


前菜?: 赤キャベツとベーコン


千切りした赤キャベツを塩茹でした後、酢を振りかけます。
カリッと炒めたベーコンと赤キャベツを混ぜ、胡椒・オリーブ油で和えました。


どちらも簡単なサラダですが、彩り鮮やかでとっても綺麗!

お皿がパーっと華やかになります。おもてなし料理にピッタリ!


メイン: 仔牛のツナソース(Vitello Tonnato ヴィッテロ・トナート)
 

イタリア、ピエモンテ州の伝統料理。
茹でた仔牛の薄切り肉にツナ入りマヨネーズソースをかけたお料理です。

仔牛のフィレ肉をブイヨンの中で10分ほど煮て、冷めた後 薄くスライスします。


ソースは、油を切ったツナ・アンチョビに オリーブ油・ケッパー・卵黄を混ぜたもの。
仔牛の上にたっぷりとかけて、アンチョビ&ケッパーなどを飾り付けます。

ツナソースは濃厚で美味!ケッパーの酸っぱさが良いアクセントになります。


スープ: オニオンスープ(Soupe a l'onignon スープ・ア・ロニオン)

“パリの冬の風物詩”と云われるほどパリ人に愛されている
オニオングラタンスープ。

薄切りしたタマネギをゆっくり優しく炒めて甘味を引き出します。


スープに使うブイヨンは、骨付き牛肉と野菜を2時間以上煮込んだもの。

すりおろしたグルイエールチーズ、バター、トーストしたパンをスープ皿に入れて

たっぷりスープを注いで200℃のオーブンで20分ほど焼いたら…

出来上がり♪

出来立ての熱々をハフハフしながらいただきました。
しあわせ〜 おいしかったで〜す


デザート: 柿とオレンジのサラダ


柿とオレンジをスライスして、グラン・マルニエやコアントローなどの
オレンジ系リキュールをかけていただきます。
サッパリ爽やか。ちょっぴり大人の味のデザートです。


今回はシンプルで作りやすいお料理ばかりでしたが
食べごたえがあり、目でも楽しめて、お腹もいっぱいになりました

なんといっても、オニオンスープのおいしかったこと!
お店でしか食べたことがなかったのですが
家庭でも簡単に作れそうです。ぜひぜひ試してみたいと思います

「イタリアン&フレンチ」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
本格インドカレー (2010/06/09)
お花 〜ビダマイヤー〜 (2009/01/08)
シュークリーム・レッスン (2010/03/12)