世界最大の花畑

  • 2010/04/29(木) 20:45:06

オランダ北部 コップ・ファン・ノールド・ホランド(Kop van Noord-Holland)にある
世界最大の花畑へ行ってきました。


ここは北海に面した地帯で
世界で最も花の栽培面積が大きいことで知られています。


この地域全体で4/3〜5/2まで開催されているイベント Bloeiend Zijpeでは
        
広大な花畑を巡るハイキング、インライン・スケートや自転車のツアー、
デッサンのワークショップなどのアクティビティが週末ごとに企画されていました。
私たちは ただ車で巡っただけですが。



まだ満開ではない畑や もう花が枯れ落ちた畑も多く、ちょっと残念でしたが…
色とりどりの花や綺麗な花畑を十分楽しめました♪























赤いチューリップはやっぱり目を引きますね。

綺麗だなぁ〜


こちらのチューリップは今が十分咲き!


ダンナくん渾身の一枚↓



せっかくなので、『チューリップ畑とビーグルズ』

眩しそう。っていうか迷惑そう?!


風車もあって、オランダらしい風景も楽しめます。


初めて行きましたが、とても素敵な所でした。



<おまけ>


なぜか… 牛たちにガン見されました。


顔をズームアップ↓

うわっ なんか睨んでる…

怪しい者じゃありませんて

「世界最大の花畑」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
滑り納め (2012/02/14)
キューケンホフ 2010? (2010/04/26)
湖で氷上散歩 (2009/01/12)

いちごのケーキ

  • 2010/04/28(水) 17:00:39

お友達とケーキ作りに挑戦しました。

ヴァレ・デ・フレーズ
 

フランス語で「いちごの谷」という意味の色鮮やかな いちごのケーキ

アーモンドパウダーが入ったスポンジ生地に
バターとカスタードとイタリアンメレンゲを混ぜたクリームと いちごを挟み
トップにフランボワーズのナパージュをのせたお菓子です。

大好きないちごがたくさん入っているし、見た目もゴージャス!
「いちごは今が旬だし、絶対おいしくできるよね♪」と
お友達とルンルン気分で挑戦したのですが…

これが、かなり大変で難しかったです。
工程も多くて複雑で、1人だったら途中で投げ出していたかも。

「ガンバレガンバレー!」

ワンズ応援団の励まし(?)もあって、いちおう最後までがんばれました。 


まずはスポンジ生地!
アーモンド風味のジェノワーズ・オ・ザマンドです。
卵を丁寧に泡立てるのがコツ。がんばってみましたが…

焼き上がりは あんまり膨らまず… あれ?


シロップ&キルシュを混ぜたものを半分に切った生地に塗り込んで
その上に バタークリーム、パータ・ボンブ(卵黄の生地)、イタリアンメレンゲ、
カスタードクリームを混ぜたクレーム・スリーヌを塗ります。


丸ごとのいちごをまんべんなく並べます。贅沢〜


その上から、クレーム・スリーヌをかけます。

クリームが分離してる? あれ??

残り半分のスポンジをのせて
トップにフランボワーズのナパージュを塗り、冷やし固めたら完成です。



「え?! これで完成なの?」

と、首をかしげるビーグルズ

完成ですけど、何か?

確かに本に載ってる写真とだいぶ違います…ね。

悔しいから 写真は小さめで


スポンジ生地がちょっと固いけど
クリームがちょっと分離してるけど
味は上出来です!

お友達と半分にして家に持ち帰りました。

どうがんばって写真を撮っても「…」な感じですが
ダンナ君には なかなか好評でしたよ。


今回の挑戦で実感したこと:
本格的なケーキは難しい! やっぱりプロはすごい!

私たちには まだハードルが高すぎたみたいです。
でもすっごく楽しかった

お菓子作りって、1人だと孤独だし大変だけど
誰かと一緒だと、作業も早いし心強いです。

これに懲りず、また何か大物にチャレンジしたいと思いま〜す。



<おまけ>


近所の花屋さんで見つけたチューリップ。

綺麗な色!

縁がヒラヒラなのも気に入ってます♪


こちらは お友達に贈ったブーケ。同じ花屋さんで買いました。

可愛い♪ 春っぽいですね。

「いちごのケーキ」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
手作り便り vol.13 (2009/12/18)
手作り便り vol.12 (2009/11/27)
手作りキムチー! (2009/03/19)

芸術鑑賞いろいろ

  • 2010/04/27(火) 16:30:49

最近 芸術づいてます。


まずはフラメンコ
お友達に誘われてフラメンコ・ショーへ行きました。

Jesus Herrera & Lola Jaramillo


spainonline.comより

フラメンコを生で観るのは昨年のバルセロナ旅行以来。3度目になります。
やっぱり素敵でした〜

ギターも歌も心地よく響き、踊りも迫力があって引き込まれました。
とってもよかったです。


続いてはクラシックコンサート
Intergrale Mozart Vioolconcerten
 コンセルトヘボウにて。

ミュンヘン生まれのヴァイオリニスト ユリア・フィッシャー(Julia Fischer)と
オランダ室内管弦楽団(Nederlands Kamerorkest)による公演です。


ユリア・フィッシャーは世界を舞台に活躍する27歳のヴァイオリニスト。
11歳の時に国際コンクールで優勝し、21歳の時にオランダでデビュー。
2008年1月にはピアニストとしてもCDデビューを果たした類まれな音楽家です。

小柄で可愛らしいユリアさんですが、ひとたび演奏を始めると
颯爽としていて、堂々としていて、とってもカッコよかったです。

モーツアルトの楽曲を聴くなんて久々でしたが、とても心地よくて癒されました。
たまにはクラシック音楽もいいですね。


そして、WORLD PRESS PHOTO'10(世界報道写真展)

今年もOude Kerkで開催中(4/23〜6/20)。
この写真展へ行くのは今年で3回目になります。 →20082009

会場の様子



教会の中での写真展も なかなかいいですよ。

こちらはWORLD PRESS PHOTO'10のポスター。

街かどに貼られているもの。インパクトがあって目を引きます。

今年もエグい写真がたくさんあり
思わず目を背けたくなりましたが… しっかり見てきました。

貧困、暴動、虐殺、飢餓など、世界中で起きている現実を写し出す報道写真。

先日、タイの暴動で日本人カメラマンが射殺されてしまいましたが
こうした報道人たちは いつでも危険と隣り合わせなのだと思うと感慨深いです。

賞を受賞した写真たちはコチラでも見られます。
スポーツ写真やマクロレンズを使った写真など、楽しめる作品もあります。

日本では東京都写真美術館にて6/12〜8/8まで開催予定。詳細はコチラ


最後は映画! 私にとっていちばん身近な芸術(?)です。ちょっと無理矢理こじつけ?

マット・デイモン主演の“Green Zone”を観てきました。


大好きなマット・デイモン! 今回もカッコよかったです。
正義感が強くて男気があって素敵なヒーロー役でした。
でも映画の内容はちょっと難しくて… 正直、字幕なしはツラかったです。
アラビック系のセリフもオランダ語字幕なのでチンプンカンプンだったし。

この映画を観た後、「ジェイソン・ボーン」シリーズが無性に見たくなり
全3作を買っちゃいました。

マット・デイモンて 顔はそんなに好みじゃないんだけど…
雰囲気がイケメンというか、な〜んかカッコよく見えちゃうんですよね。
役柄のせいでしょうか。やっぱり強い男はカッコイイ!



<おまけ>


ダンナくんと久々にダムぶらデート♪

素敵レストランで食事するでもなく
お洒落カフェでお茶を飲むでもなく

2人で仲良く食べたのは…




フリッツ(フライドポテト)でした。

しかも立ち食い。

マヨネーズ&ケチャップたっぷり おいしかった〜

「芸術鑑賞いろいろ」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
フォーレンダムで記念写真? (2008/11/17)
2年ぶりに雪山へ (2011/01/31)
オランダで初BBQ (2008/09/21)