○○といえば…

  • 2009/12/14(月) 21:27:33

寒い!週末から一気に冷え込んだオランダです。


本日の最高気温は0℃

最低気温は−6℃でした。
すっかり冬らしい陽気です。


冬らしいといえば
スケート
近所の広場に このシーズン恒例のスケートリンクが設置されました。

いつもは噴水のある場所が…


スケートリンクに大変身!

もちろん人工のリンクですが、子供たちは大喜び♪ みんな、楽しそうに滑っています。


スケートといえば
、この映画!

De Hel Van '63” 12月17日から公開されるオランダ映画です。

舞台は1963年のelfstedentocht(エルフステーデトホト)。
11市を周遊するスケートマラソンのことで、フリースラントの11の町と村を結ぶ
200kmのスケートレースです。

このエルフステーデトホト(日本語訳:11市周遊スケートマラソン)は
オランダで20世紀の初めに始まり、これまでに15回開催されています。
ルートになる運河や小川が十分凍っていないと開催されない不定期のレースで
1997年以来 一度も開催されていません。

今年1月、久々の大寒波に見舞われたオランダでは
「12年ぶりに開催か!」と盛り上がりましたが、結局 不発に終わりました。

それはさておき、この“De Hel Van '63”という映画
予告編だけ見ると、とっても面白そうなんです。

猛吹雪の中、運河を滑走する選手たち。
人の良さそうな主人公と、ズル賢そうなライバルが接戦を繰り広げ
途中でハプニングが起きて、ヒロインが涙を流しながら祈ってて…
ありがちなスポ根物語っぽいけど、観たらきっと感動しそう。

かなりの大作のようで、オランダでは話題作みたいです。
全編がオランダ語なので、私が観ても半分も理解できないだろうなぁ。残念。


大作といえば
、世界的に大ヒットの映画“2012”を見てきました。

マヤ暦による「2012年終末説」を題材にした黙示録的なパニック・サスペンス巨編。

とにかくCGが凄い!
「こんなの あり得ない!」と思いたいけど思えないようなリアルな映像でした。
情けないけど けっきょく最後はカッコイイ主人公ジャクソンを演じる
ジョン・キューザック
の演技が良かったです。


ジョン・キューザックといえば
、“セレンディピティ”という彼の主演作が好きです。

クリスマス前のニューヨークを舞台に
偶然出逢った男女の運命の恋を描くロマンチックなラブ・ストーリー。


クリスマスといえば
、近所のイルミネーションが綺麗です。



綺麗といえば
、数日前の夕焼けもキレイでした。



と、まあ、書きたいことがたくさんあったので
今回は「○○といえば…」でムリヤリ繋げてみました

「○○といえば…」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
”SOS Japan チャリティーコンサート” ほか (2011/03/24)
dank u wel & tot ziens (2013/02/19)
One Love (2011/03/17)