洞窟の中のクリスマスマルクト

  • 2009/11/30(月) 21:08:02

ヨーロッパの冬の風物詩 クリスマスマルクト(クリスマス市)
各地で開催される季節になりました (11月下旬〜クリスマスまで)

“洞窟の中のクリスマスマルクト”
として知られるファルケンブルグのベルベット洞窟
マーストリヒトに住むchakenちゃん ご夫妻と一緒に行ってきました。

ファルケンブルグへはウチからは車で2時間ほど。
マーストリヒト郊外 約10キロのところにある小さな町です。


いざ、洞窟内へ!


薄暗い洞窟内ですが、クリスマスらしい飾り付けで華やかです。


こちらはクロックスのツリー

サンダルがオーナメント代わりに飾り付けられています。

綺麗なライトがあちこちに。洞窟内だと映えますね。






可愛らしいクリスマスグッズたち


もちろんサンタグッズもたくさんあります。


雑貨もいろいろありました。


変わったオーナメントを発見!

伸びた“愛”の文字。

ロープにぶらさがったサンタさん

子供たちの夢を壊しそう…

chakenちゃんも私も、おもわず足を止めてしまったバラ屋さん。

色とりどりで綺麗なバラがたっくさん!

でも実はこれ…

造花なんです。薄い木片のようなものでできています。

お土産にブーケを1つ買いました。


そのほかにも安くて可愛かったキャンドルホルダーをお土産に。

ハンドメイドっぽい雑な作りですが… 温かみがあって気に入ってます。


ダンナくんはクリスマスマルクト初体験でしたが、期待以上に楽しめたようです。
「お祭りみたいで楽しいね」と言ってました。


さて、クリスマスマルクトを散策した後は
chakenちゃんご夫妻が住むマーストリヒトへ移動しました。
今回は長くなったので次回の記事でレポートします。
お楽しみに♪

「洞窟の中のクリスマスマルクト」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
クリスマスのパリ (2011/12/20)
放置のワケ (2012/01/09)
4ヵ国周遊 弾丸トラベル (2009/05/25)

手作り便り vol.12

  • 2009/11/27(金) 19:00:46

密かに人気(?)のシリーズ『手作り便り』vol.12です。

ここ最近 お友達を我が家にお招きすることが多かったので
またまた いろいろと手作りしてみました。


きなこクリームの ごまマカロン


また懲りずにマカロンに挑戦してみました。
なんとか丸い形&ヒビ割れなしにできたけど、今回も焼き加減がイマイチ…
まだまだ納得のいく出来には仕上がりません。なんでかなぁ
またがんばりま〜す。


ザッハトルテdeバースデーケーキ


お友達の誕生日にプレゼントしたケーキです。

ザッハトルテにカラフルなアラザンでデコレーションしてみました。

思った以上に文字が広がってしまい ちょっとハミ出し気味…
ま、これも ご愛嬌ってことで〜


マロン・パウンドケーキ


マロンペーストとマロンのシロップ煮を混ぜ込んだ、ちょっと“コク”のあるケーキです。


ラム酒に漬け込んだ刻みマロンを入れたので、“大人の味”になりました。


ハニーカステラ


ずっと作ってみたかったカステラに初挑戦!(食パンじゃないよ
卵&ハチミツ風味で本物のカステラみたいにできました♪


卵をがんばって混ぜた甲斐あって、焼き上がりはフンワリになりました。
冷ます時に逆さにしちゃったので、真ん中がちょっとくぼんでしまったのが残念…

で、再度チャレンジ!


今度は平らになってます。

それにしても… カステラって「カロリー高っ!」なお菓子ですよね。
自分で作ってみて、卵と砂糖の量に驚愕しました(ちょっと大げさ)


スフレチーズケーキ


メレンゲを加えた軽〜いチーズケーキです。
クリームチーズのほかにも生クリームとヨーグルトを加えて、なめらかに仕上げました。

仕上げにナパージュ(ジャムを水&洋酒に溶かしたもの)して
表面にツヤを出しました。

お友達に大好評!でした。
女子はスフレ&チーズケーキが好きですもんね

ちなみに、ダンナくんには「淡泊でつまらない味」と言われました。
君には もうやらん!!


以上、『手作り便り vol.12』でした。
今回も新しいお菓子に挑戦しました。
さて、次は何を作ろうかな♪

「手作り便り vol.12」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
手作り便り vol.15 (2010/03/31)
手作り便り vol.11 (2009/11/04)
手作り便り vol.13 (2009/12/18)

プリザーブドフラワー・アレンジメント

  • 2009/11/26(木) 21:55:22

久々に お花のレッスンを受けました。
プリザーブドフラワーを使ったクリスマスのアレンジメントです。

こちらは先生のお手本↓

 

さて、今回使ったプリザーブドフラワーとは…
本物の花の水分を保存料と交換させ
美しい姿で長時間保存できるように加工された花のことです。

造花とは違い、生花のような柔らかい質感と繊細な色を保つことができます。
直射日光や水分の多すぎる所に置かなければ
10年以上も美しいままで飾ることができるそうです。

今年の10月からオランダ初のプリザーブドフラワー教室が始まり
月に一度、日本人の先生が教えてくれています。

私は今回が初めてのレッスンでしたが
先生が、誰にもでもわかりやすく丁寧に指導してくださるので
楽しみながら受けることができました。


今回の花材は…




このような状態からスタートします。


そして、出来上がりはこちら↓

どの方向から見てもデザインされているオールラウンドアレンジメントです。
誰でも簡単に、可愛く仕上げることができます。


家に持ち帰り、ダイニングテーブルに飾ってみました。

いいね、いいね〜
クリスマスムードが高まりますなぁ〜

真ん中のキャンドルに火を灯してみました。

わ〜い、素敵。気に入りました♪


プリザーブドフラワーは生花と違って枯れないので
今年も来年も再来年も…と、ずーっと使えるのが嬉しい。
ギフトやインテリア小物として人気が高いというのも納得です。

また、ほかのアレンジも習ってみたいなぁ〜と思いました。

「プリザーブドフラワー・アレンジメント」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
お花 〜リニア・アレンジメント〜 (2008/09/25)
お花 〜オール・アングル〜 (2008/09/17)
美食倶楽部? (2008/10/07)