美食倶楽部270109

  • 2009/01/29(木) 09:47:13

今年2回目の美食倶楽部(お料理教室)へ行ってきました。

今回は人数が少なくて作業が大変でしたが
いつも以上に和気あいあいと楽しい教室になりました。

さっそく今回のメニューをご紹介しま〜す。


前菜:白身魚のカルパッチョ


今回はヒラメを使いました。

ヒラメの身をきれいにおろし、塩&砂糖をまぶして しめます。
魚の身をしめる時に塩だけでなく砂糖を加えると
しっとりした食感になり美味しく仕上がるそうです。

そぎ切りにしたヒラメにオリーブ油&レモン汁をブラシで塗りつけて
タマネギ、セロリ、トマト、あさつきの微塵切りを散らして出来上がり!

彩りがきれい!
程よい塩加減。さっぱりしていてとても美味しかったです。


スープ:ほうれん草とチキンのスープ


チキンとネギを鍋に入れて煮込み、スープを作ります。
チキンを一旦取り出し、身をほぐします

ほぐした身をみんなで つまみ食い
すっごくおいしくて止まらなくなってしまいました。
「あんたたち、貧乏くさいわね〜」と言っていた先生も
けっこうパクパクいってましたよね〜

ほうれん草とチキンをスープに入れ、少し煮て味を整え
生クリームを加えて出来上がり。

クセのない、いい味でした。
栄養満点で体が温まります。子供にも喜ばれそう。


メイン:鴨のフィレ肉オレンジソース


鴨の胸肉に塩&コショウをふり、グリルで皮をこんがりと焼きます。
ソースのベースはドミグラスソース。
赤ワインでといてから煮詰め、オレンジジュースとレモン汁を加えて
最後に鴨の焼き汁を入れて旨みを出します。
薄切りにしたフィレ肉とオレンジを並べてソースをかけて出来上がり。
千切りにしたオレンジとレモンの皮も添えます。

少し甘酸っぱいオレンジソースと鴨肉は相性抜群!これは美味しい!


デザート:アイスのアドヴォカート酒がけ キーウィ添え


アドヴォカート酒とはオランダ産の
黄色い濃厚なクリーム状のリキュールこと。

卵黄、スピリッツ、砂糖、ブランデーと少量のバニラから作られている、
いわゆる玉子酒です。
甘くて口当たりがよいのですが、アルコール度数は15%もあります。

アイスの上にたっぷりとかけられたアドヴォカート酒。

危険な大人のデザートです。

白ワインと赤ワインを飲んでいた上に
このアドヴォカート酒もたくさん食べてしまったので
帰りはホロ酔いで いい気分になってしまいました。


今回のメニューの中で特に気に入ったのはヒラメのカルパッチョです。
見た目はゴージャスだけど、あまり手間がかからず
おもてなし料理にはもってこいの一品!
ヒラメ以外にも鯛やスズキでも美味しいそうです。

身をおろすのは元寿司シェフのダンナくんにやらせようやってもらおう♪
近々、忘れないうちに復習したいと思いま〜す。

「美食倶楽部270109」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
陶芸いろいろ (2012/09/10)
アジアンメニュー: ラオス&ベトナム&タイ料理 (2009/11/13)
さっぱり&美味しい!韓国料理 (2009/06/18)