お花 〜バスケット〜

  • 2009/01/22(木) 15:01:27

おなじみフラワーアレンジメント・レッスンの3回目です。
今回はバスケットタイプを習いました。

お見舞いの時などに持っていくアレンジらしいのですが、なんとビックリ!
泥のついたスイレンの球根を花材として使いました。

日本では鉢植えや球根ものは
お見舞いの時にはタブーですよね?

でもオランダでは「お花畑から摘んで持ってきました!」的な
ザ☆自然体な感じが好まれるそうです。おもしろ〜い。


今回の花材は…

Tullipa


Eustoma


Cyticus


Gerbera


Brassica

観賞用に改良されたキャベツ

Aster


Narcissus

スイレンの球根

Hedera


Aspidistra


Pittosporum



今回のポイントは とにかく自然体なこと。
長さのある花材を使って流れるようなラインを作りながら
無造作感も出すという、ちょっと高度なアレンジに挑戦です。


こちらが先生の実演風景。

まずは横に流れるラインを作ります。


ポイントとなる花(ガーベラやチューリップ)をバランスよく挿します。


球根を載せて(左端の物体)、リボンを挿して出来上がり。


先生の大胆な実演を見ていると簡単そうに思えるのですが
実際に自分でやってみると、バランスを取るのが難しく
これがけっこう大変でした。


こちらが私の苦心作。オールアングルなので4方向から。


先生には「コンパクト&ラブリー」と褒めていただきました♪



無造作感がイマイチ出ていない気もするけど… ま、いっか。



ホワイトXグリーンの爽やかな配色がとても気に入っています。
春が待ち遠しい… そんな今の季節にピッタリのアレンジメントですよね。

「お花 〜バスケット〜」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
深まる秋の美食メニュー (2011/11/03)
大大大好き メキシカン♪ (2011/10/12)
アスパラ三昧メニュー (2009/05/18)