今だから話せる失敗談 x 2

  • 2008/07/15(火) 21:00:00

Dinsdag 15 Juli 2008

今日の日記は長い&写真なしです。
お時間のある方のみ お付き合いくださいませ。


ダンナくんが日本出張から帰国した夜
空港までお迎えに行ってくれた同僚と3人で飲みました。

そこで、その同僚くんがダンナくんにお礼を言っているので
よくよく話をきいてみると、前日にダンナくんに助けられたと言うのです。

と、話を進める前にオランダの住宅事情についてちょと説明。

  オランダのマンションの玄関やベランダのドアは ほとんどがオートロックです。
  鍵をもたずにドアを閉めてしまうと、中へ入れなくなってしまいます(インロック)。

で、同僚くんの話に戻る。
その日、天気が良かったので外でビールを飲もうとベランダに出た同僚くん。
最初はベランダのドアを開けておいたのですが
風が強くてカーテンがパタパタとうるさかったので、思わず閉めてしまいました。

「あっ!」と気づきましたが、時すでに遅し。
ドアは閉まり、もう開きません。ビクともしません。

幸い携帯を持っていた同僚くんは、ダンナくんの携帯に電話をして(日本時間、午前0時ごろ)
不動産屋さんの携帯番号を聞き、鍵業者を呼んでもらって救出されたそうです。
その時、玄関の鍵は破壊されたらしいが、とりあえず一件落着… か!?

その話をふ〜んと聞いていたら、ダンナくんが
「いやぁ〜、実は俺もさぁ…」とインロックの経験談を2つぐらい告白。

そして、さらに衝撃の事実を話し始めました。

それは日本へ発つ日。
家を出て、バス停へ向かう途中で鍵がないことに気づいたダンナくん。
慌てて戻ると、玄関のドアに鍵がささったままだったそうです。

  ちょっとーーー! 危ないっしょ!
  その鍵が盗まれて、留守中に私とビーグルズが強盗に襲われたらどうすんのよ!

と責めたかったのですが我慢しました。

実は私も、ダンナくんに話してない失敗談があったのです…。

ダンナくんが日本出張中の ある雨の日。
散歩から帰ってきた私とビーグルズは足がドロドロ。
私は玄関の鍵を開け、慌ててタオルを取りに行きました。
そして、そのまま玄関のドアを閉めてしまったのです。
鍵をドアにつけたままで…

その後、誰かが玄関の戸を叩く音がしたのですが(玄関の呼び鈴は故障中)
「うちじゃないよね!?」と思って無視。
しばらくすると、今度は集合玄関からの呼び鈴が鳴りました。
出てみると、「君の玄関に鍵がついてるから取った方がいいよー」と誰かが教えてくれました。

慌てて玄関を開けると、そこには鍵がついていた!
ひゃぁ〜〜〜危ない! ぜんぜん気がつかなかったヨー。
同じ階の人がわざわざ教えてくれたんですね。ホントに感謝してます。

もし教えてくれず、そのまま鍵が盗まれていたら…
鍵は1つしかないから、どこにも出かけられず
正真正銘の“引きこもり”になっていました(>_<)

ってわけで、似た者夫婦な私たち。
今だから話せる失敗談 x 2でした。


この後、「誰が一番ダメ人間か?」という多数決になり
私→ダンナくん、 同僚くん&ダンナくん→私 で
私が“一番ダメ人間”に選ばれてしまいました。
理由は人に教えられるまで気がつかなかったから…だって。

チクショー!納得いかねぇー(>_<)
 

続きを読む

「今だから話せる失敗談 x 2」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
天気が崩れた↓ (2008/05/16)
コメント感謝デー (2008/05/31)
また引越し その前に読んだ本 (2012/11/20)