夏至について

  • 2008/06/20(金) 23:50:00

Vrijdag 20 Juni 2008

明日6/21は夏至ですね。

夏至は北半球では昼の時間が最も長く、夜が最も短い日※です。
北緯66.6度以北の北極全域では白夜になるそうです。

 ※1年で日の出の時刻が最も早い日・日の入りの時刻が最も遅い日と
  夏至の日とは必ずしも一致しません。

北緯50〜53度に位置するオランダでは…
このブログでも何度か書いたとおり
この時期、夜になっても太陽がなかなか沈みません。

最近では夜10時を過ぎても外が明るく
10時半ぐらいになって ようやく暗くなり始めます。
080620-13R.JPG







10時はまだ明るい!

IMG_3296R.JPG







10時半でも薄暗い

最初は「太陽が沈まないって変な感じ〜」と思っていたけど
慣れてくると、けっこういいもんです(^-^) 

一日が長い気がするし
時間がゆっくり流れる気がするし
電気代が節約できる気がするし…

ぜんぶ “気のせい”ですけど f(^_^)


ところで皆さん、 100万人のキャンドルナイト を知ってますか?

夏至(6/21)〜7/7の夜8時〜10時の2時間
“でんきを消してキャンドルライトで過ごしましょう”という
CO2削減/ライトダウンキャンペーンのことです。

でんきを消して、スローな夜を。
↑ すてきな呼びかけ文です。ぜひ読んでみてください。

キャンドルライトでロマンチックな夜を過ごしてみてはいかが? → からっぽの時間

080620-24R.JPG






キャンドルライトとビーグルズ


皆さまも 楽しい夏至の夜を! \(^o^)/ 

続きを読む

「夏至について」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
晴天なり〜 (2008/08/30)
多忙につき… (2011/09/21)
寒い寒い… (2010/01/08)