ビックリ! 小銭編

  • 2008/06/05(木) 22:00:00

Donderdag 5 Juni 2008

オランダに来て丸1ヵ月過ぎましたが いまだに慣れないものがあります。
それは… 小銭です。

私の財布の中で 小銭が日に日に増殖中! ホント困ってます。 

ということで、今日は“オランダでビックリ! エレベータ編”に続く第二弾 
“ビックリ! 小銭編”をお届け。
オランダの通貨について愚痴りたい 紹介したいと思います。

まずオランダで使われている通貨はEU統一通貨であるユーロです。

こちらが紙幣。100、50、20、10、5ユーロ札です。
IMG_3122R.JPG







この他に200、500もありますが まだ見たことがありません。
よく使うのは20、10、5ユーロ紙幣。
50、100ユーロ紙幣は お釣りが面倒になるためか、商店ではあまり歓迎されないようです。

そしてこちらが私を悩ませる小銭たち。
IMG_3127R.JPG





2、1ユーロ硬貨と50、20、10、5ユーロセント硬貨。
まだ、どれがどれなのか把握できていないので レジではいつもアタフタしてしまいます。

特に2と1ユーロ硬貨は、ついつい出し忘れちゃうんですよね。
例えば、合計額が8ユーロの時、2や1ユーロ硬貨をたくさん持ってるのに
ついつい10ユーロや20ユーロ紙幣を出してしまいます。
そうすると、お釣りの2ユーロ硬貨が戻ってくる…
この繰り返しで小銭が増殖するわけです。

2ユーロと1ユーロは紙幣の方が使いやすいと思うけどなぁ…。
なんで紙幣じゃないんだろ (`ε´)

ま、これは仕方ない。私の頭が弱いだけです。


それよりも 今回の“ビックリ!”とは…

オランダでは5セント硬貨(0.05ユーロ)までしか使われていないことです。
1、2ユーロセント(0.01、0.02ユーロ)はEU通貨としては存在しますが
オランダでは その存在を無視されているんです(流通されてない!?)

例えば、現金で買い物をした時
合計額が4.98(4.99)ユーロだったら5ユーロ
        4.97(4.96)ユーロだったら4.95ユーロになります。

合計額が5.03(5.04)ユーロだったら5.05ユーロ
      5.02(5.01)ユーロだったら5ユーロになります。

つまり、すべての金額は5セント単位で区切られるんです。

マーケットなどで “9.99ユーロ!安いよ!” なんて売り出された商品に
10ユーロ札を支払っても お釣りは返ってきません。
なんだか だまされた気分になりませんか!?

このシステムに違和感があり なかなか慣れません。

5セントを出しそびれたり、出したら返されたり…。
「自分は数字に弱いなぁ」とつくづく感じます。

おかげで 小銭がジャ〜ラジャラ
IMG_3128R.JPG





あ!でも1や2ユーロセントがあったら もっと小銭が増えちゃうかも… ね!

とにかく財布が重いよー(>_<)


※1、2ユーロセントは、持っていれば使っても良いそうです。

続きを読む

「ビックリ! 小銭編」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
日本の冬が恋しい (2008/11/28)
野うさぎを激写! (2008/07/22)
ゾウさんの像たち (2009/09/28)