陶芸教室を懐かしむ

  • 2013/01/29(火) 21:20:00


オランダで通っていた陶芸教室。



毎週、リディ(Lidy)先生やクラスメイトの皆さんと
お喋りするのが楽しみでした。


いたずら好きなリディ先生と

ご主人のオノさん。身長202僉

とっても仲良しの素敵なご夫婦です。


こちらは、教室の皆さんからいただいたプレゼント♪

リクエストして作ってもらった、リディ先生の作品です。

陶芸教室周辺の風景を模ったプレート。
以前から欲しかったので、めちゃめちゃ嬉しかった!


こちらもリディ先生作。

素晴らしい曲線美の壺。さすがはプロの作品です。


私の宝物になりました。

リディ先生と陶芸教室を思い出して懐かしんでいます。


そして、こちらは愛しのフリーダちゃん。


先生の愛犬でエアデールテリアの女の子です。

いつも癒されてました。
元気かなぁ〜 会いたいなぁ〜



<おまけ>


『ライフ・オブ・パイ /トラと漂流した227日』を見てきました。



映像の美しさもさることながら
ストーリーもとってもよかったです

「陶芸教室を懐かしむ」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
お花? 〜秋のバスケット〜 (2008/10/28)
シュークリーム・レッスン (2010/03/12)
お花? 〜2つのベースのアレンジメント〜 (2008/11/22)

最後の美食倶楽部

  • 2012/09/19(水) 07:15:00


約4年半続けた美食倶楽部(お料理教室)
とうとう最後のレッスンを迎えてしまいました。


今回のメニューは韓国料理
辛!旨!なお料理を教えていただきました。


即席キムチ3種


手前から時計回りに…
’鮑擇藩 大根のカクテキ キャベツときゅうり


韓国料理の前菜といえば これ!ですよね。
粉唐辛子さえあれば、どれも簡単に作れます。


青菜のチヂミ


青菜(春菊・ルッコラ・クレソンなど)たっぷりの
ヘルシーな韓国風お好み焼きです。

青菜を切って、粉と卵と混ぜ、フライパンで焼くだけ。
三杯酢や二杯酢をつけていただきます。

お皿に盛る時は、細長く切って整列させるのが本場流。

ほんとだ! さらに美味しそうに見えますね


鶏とコンニャクの煮物


骨付きの鶏もも肉をタマネギ&コンニャクと煮込んだ料理。
コチュジャン、醤油、砂糖、スープの素で味付けし
仕上げに青唐辛子(またはしし唐)を入れたら出来上がり♪

白いご飯によく合うお味。
青唐辛子は彩りだけでなく、味も締まってイイ感じです。


韓国流 家庭風鍋


豚三枚肉の薄切りと お好みの野菜、きのこ類、豆腐を
スープストックで煮込むお鍋。
コチュジャン&粉唐辛子で お好みの辛さに味付けします。

写真… 撮るには撮ったのですが…


豆腐しか写ってなかった すみません。
(言い訳: 最後の最後に豆腐を加えるからです)

この写真からは あまり伝わらないかもしれませんが…
すーーーっごく美味しかったです


今回は韓国の焼酎 眞露(JINRO)を飲みながら♪

とっても楽しいレッスンでした。


オランダに駐在した翌月から通い始めた美食倶楽部。
先生のユニークな個性&美味しいお料理に魅了され
月に一度のレッスンがとっても楽しみでした。

その楽しみがなくなってしまうと思うと寂しいですが
美食倶楽部で教わったレシピを時々復習しながら
先生語録や数々の爆笑ネタを思い出したいと思います。



<おまけ>


先生主催で送別パーチーを開いていただきました♪

皆さんの心のこもった美味しいお料理&楽しいお喋りで
あっという間に時間が過ぎていきました。

いやぁ、食べた!呑んだ!
帰りはホロ酔いでイイ気分でした〜
(翌日、先生は二日酔いだったそうです。私もちょっぴり…)


「最後の美食倶楽部」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
深まる秋の美食メニュー (2011/11/03)
アスパラ三昧メニュー (2009/05/18)
芸術は爆発だ!? (2009/11/02)

陶芸いろいろ

  • 2012/09/10(月) 07:00:00


ブログセール、引き続き開催中です。
宜しくお願いします。



ぶきっちょな私の『陶芸アルバム』 第10弾。
今回が最終回となります。

約3年続けてきた陶芸教室の集大成…
というほどの作品はありませんが
自分用の記録として まとめておきます。


おつまみ皿


酒の肴を盛る用のお皿。

たとえば…


チーズを盛ったりします。
端の茶色の部分は使用済の楊枝を置いたりして、ね。

ちなみに、写真のチーズは大好物のスモークチーズです。


半月みたいなお皿


お月様をイメージして作りました。
でも… どんなものを載せたらいいんだろ?


丸皿


なんてことない丸いお皿。
この色、ずっと使ってみたかったのですが
塗り方が悪くて、出来はイマイチ… 残念。


醤油入れ付きお皿


お刺身やお寿司を載せたいお皿。

さっそく使ってみました。

うん、なかなかいいじゃん♪


蓋付き壺


ずっと作ってみたかった蓋付きの壺。
難しかったけど、大満足の仕上がりに

さっそく…

大好きな梅干しを入れてみましたよ。


中鉢 白



中鉢 茶



煮物や炒め物を盛り付けられる中鉢を
色違いで作ってみました。

白いほうに空芯菜のニンニク炒めを入れて。

なかなかイイ感じ♪


楕円形のお皿


ベースは白で、その上から茶色の筋を適当に入れてみました。

これ、かなりお気に入りです。

何にでも使えそう。


スヌーピー風の・・・


なんでしょう?

じゃん!

石鹸置き でした。

急に思いつき、適当に粘土を切って作ったものです。
子供のころから大好きだったスヌーピーは
絵心のない私が何も見ずに描ける、唯一のキャラクターなんです


エディ&ルーシーのネームプレート


またまた作っちゃいました♪
ビーグルズのクレートに付ける表札です。

陶芸教室を辞めたら もう作れないので。
これで、予備は3つずつになりました。


湯呑みセット


何度も作ってきた湯呑み。
涼しげな色合いにしたかったのですが…
ん? なんかビミョー


コースター入れ


いつもコースターがテーブルに散らばっていたので作ってみました。


これでスッキリ♪


葉っぱ模様の白皿



葉っぱ模様の白皿



淵付きのお皿が欲しくて作りました。
ちょっと汁けのあるものでもOKです。


表面のボコボコは、ピンポン玉のようなもので付けました。
葉っぱ模様は、実際の葉っぱを押し付けて形をなぞったもの。
なかなか面白い仕上がりになって気に入っています。


以上、『陶芸アルバム』でした。

陶器を作る面白さもさることながら
先生やクラスメイトとの交流が楽しくて
約3年間、毎週通い続けた陶芸教室でした。

日本に帰ったら、陶芸を続けるかはわかりませんが…
これまで作ってきたものを見ながら
楽しかった日々を思い出したいと思います。



<おまけ>


久々に映画館に足を運びました。

観てきたのは“ボーン・レガシー The Bourne Legacy


待望の『ボーン・シリーズ』の最新作♪
でも… 前3作で主演を務めたマット・デイモンは出てきません。

今回の主役はジェレミー・レナー。


『007』のダニエル・クレイグ系の、あまりハンサムじゃない(←失礼)俳優ですが
映画を見ているうちに、どんどんカッコよく見えてきます。

アクションも見ごたえがあって、すっごく面白かった

前3作のボーンの物語と平行に進んでいる設定の、別の物語です。
そのうちボーンとの交わりもありそう?!

マット v.s. ジェレミーの競演を楽しみにしてます♪

「陶芸いろいろ」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
お花 〜オール・アングル〜 (2008/09/17)
パラレル (2009/03/18)
お花? 〜2つのベースのアレンジメント〜 (2008/11/22)