アイスランド旅行記 〜観光編?〜

  • 2009/01/13(火) 18:00:51

年末に行ったアイスランド旅行を今回から3回に分けてレポートしま〜す。


まずはアイスランドの基本情報から。

アイスランドの位置は…

イギリスの左上の黄色い部分です。
オランダ/スキポール空港からアイスランド/ケフラビーク空港までは3時間ほどでした。

国土のほとんどが北極圏の南に位置しますが、沿岸を流れるメキシコ暖流と
活発な火山活動による地熱の影響で気候は比較的穏やか。
冬の気温もそれほど低くありません。
「アイスランド」という名前から極寒地をイメージしていた私たち。
防寒対策バッチリだったせいか、まったく寒いと感じませんでした。

夏は白夜で一日中明るく
冬の12月から1月にかけては太陽がのぼらない極夜となります。
私たちが滞在していた時期も昼の12時を過ぎても薄暗く
ずっと夕方のような感じでした。


さて、この旅一番のお楽しみは オーロラを見ること!
しかし残念ながら… 悪天候のため見ることはできませんでした。
晴れて澄み渡った夜空でないと見れないらしいです。
本当に本当に残念でした…

こちらはオーロラのイメージ写真。

いつか この目で見てみたいっ!


さてさて、気を取り直して旅のレポートを続けましょう!

アイスランド到着後、まず向かったのは広大な温泉リゾート、ブルーラグーン。

発電所で使われた熱水を利用して造られた温水プールで
ミネラル分で青い色をしているので「ブルーラグーン」と呼ばれています。

ブルーラグーンの近くには、このような発電所の建物があります。


周囲はロッキーロード。


水温も低めだし水着で入るので、温泉というよりプールみたい。

硫黄のニオイがきついのですが、塩素が多めなのでアトピーや皮膚病
美肌に効果大だそうです。確かにお肌がツルツルになったかも♪


続いて向かったのはアイスランドの首都レイキャヴィーク。
世界最北端の都市です。

街の中心部は賑やかですが、少し離れると静かな住宅地が広がります。

久々に坂道を歩きました!(オランダには坂がないので)





町のランドマーク、ハットルグリムス教会は工事中でした。これまた残念っ!


本来は こんなに美しい姿なんですって。

鐘楼の高さは73m。

教会の中はこんな感じ。


立派なパイプオルガンもありました。


鐘楼の上からレイキャヴィークの街並みを見下ろしました。

カラフルな屋根が多くて可愛い。


レイキャヴィークの街なかには雑貨屋や洋服屋が立ち並び
とてもオシャレな雰囲気でした。治安も良くて人々も親切。

昨年の秋 金融危機の激震に見舞われ
一時は国中が大パニックに襲われたアイスランドですが
ギスギスした感じもなく 人も街も のんびり平和なイメージを受けました。

こちらは街角で見かけたサンタさん。

テディベアを抱いていて、なんだか可愛らしい。癒されます。


今回のレポートはここまでです。
次回は“ゴールデンサークル”と呼ばれる観光エリアを紹介します。

「アイスランド旅行記 〜観光編?〜」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
マドリード&マヨルカ島旅行記 (2011/01/10)
デュッセとマースで思い出作り♪ (2012/09/14)
パリ&モン・サン・ミッシェル旅行記? (2008/11/19)

コメントの編集

管理者にだけ表示を許可する